BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
ドラマティックに恋して
♪波乱万丈 あっという間の一生
普通に生きてるとドラマティックな場面などそうそうないけれど、TVなら何人分も味わえてしまうのだ。1960〜70年代のテレビドラマのレビュー。
▼ドラマティックに恋して
作詞・作曲・唄 広瀬香美
長くつ下のピッピ NHK少年ドラマシリーズ 1975
チョラホップ チョ〜ララララ チョラホップ サンサン♪

長くつ下のピッピって知ってるかい♪  ピッピといえば、私にとっては1975年の秋にNHKの少年ドラマシリーズとして放映されたTV版だ。

少年ドラマは遠距離通学だった私には微妙な時間帯で、7時限目の後に補習授業があると間に合わず、断片的にしか観ていない。もっとも、対象となる少年ではなかったわけだが・・

ある日、町外れの「ごたごた荘」に女の子がやって来た。赤毛のおさげにそばかすだらけの顔、長い靴下を穿いている9歳の少女ピッピは仲良しになったトミーとアンニカたちと楽しい冒険の日々を送る。

キャロライン洋子2 ピッピの吹き替えはキャロライン洋子。冒頭のテーマソングも歌っていた。ピッピのキャラクターにーぴったりで、この記事の読者なら番組を観ていなくとも想像できるだろう。

テレビ放送と一緒に育った世代の私にとって、チャコちゃんこと四方晴美が姉妹なら、キャロライン洋子は従姉妹みたいな存在だった。代表作をあげろと言われると思い浮かばないが、いつもTVの中にいたような感覚がある。

ファーストネームを重ねた名前も珍しかったが、なにより個性的なルックスと明るいキャラクターが印象的だった。お兄さんの黒沢浩は典型的な日本人と白人のハーフ顔だったが、子供時代のキャロライン洋子はネイティブのわんぱく顔だった。

私にとって、刑事コロンボの声が小池朝雄でなくてはならないように、ピッピもキャロライン洋子でないと違和感があるのだ。


《余談》
同じ頃、同じく北欧が舞台のアニメ『小さなバイキングビッケ』というアニメを放映していて、ピッピのお父さんも船乗りだったので、一緒に思い出す。
▼長くつ下のピッピ
長くつ下のピッピ
1975.9.22〜1975.10.15
制作:スウェーデン/西独
出演:インゲル・ニルソン、ベール・スントベリィ
マリーア・パーション
dvd長くつ下のピッピDVD情報>>

▼キャロライン洋子/昭和53年
キャロライン洋子1

▼小さなバイキングビッケ
小さなバイキングビッケ
dvd小さなバイキングDVD情報>>

▼60・70年代TVドラマレビュー・目次
62 隠密剣士
65 サザエさん
65 ザ・ガードマン
66 天国の父ちゃんこんにちは
66 泣いてたまるか
66 快獣ブースカ
67 怪獣王子
67 ジャイアント・ロボ
67 トッポ・ジージョ
67 チャコねえちゃん
67 ゆば ばってら
68 台風娘がやってきた
68 怪奇大作戦
69 魔神バンダー
69 柔道一直線
70 細うで繁盛記
70 アテンションプリーズ
71 おかしな夫婦
71 おひかえあそばせ
72 木枯し紋次郎
73 どっこい大作
74 傷だらけの天使
75 赤い疑惑
75 長くつ下のピッピ
77 幕末未来人
77 赤い激流
77 時間よ、とまれ
77 男たちの旅路
79 熱中時代
80 ザ・商社

▼バラエティ番組
大正テレビ寄席
がっちり買いまショウ
家族そろって歌合戦
スター千一夜
万国びっくりショー
▼一覧
NHK少年ドラマシリーズリスト
70年代ドラマDVDリスト
タケダアワーと不二家の時間
NHK教育テレビ子供番組
▼総合目次
懐かしい昭和のTV番組・目次
昭和のエッセイ集トップページ
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001