BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
ドラマティックに恋して
♪波乱万丈 あっという間の一生
普通に生きてるとドラマティックな場面などそうそうないけれど、TVなら何人分も味わえてしまうのだ。1960〜70年代のテレビドラマのレビュー。
▼ドラマティックに恋して
作詞・作曲・唄 広瀬香美
男たちの旅路 『シルバーシート』1977
『男たちの旅路』シリーズは76年2月から土曜ドラマ枠で始まった。 元特攻隊員で、警備会社の司令補の吉岡(鶴田浩二)を主人公に、世代間の軋轢や社会問題を描いた作品。一話完結で13話が放送された。

物語は戦争を知らない世代の若い部下(水谷豊、桃井かおり、柴俊夫)との価値観の相違を通して描かれるのだが、『シルバーシート』では、吉岡より上の世代の老人問題を取り上げた。

ある日、老人ホームの老人たちが、仲間の死をきっかけに、都電車庫の一車両に篭城する。若い警備員の説得ではらちがあかず、吉岡が電車に乗り込むのだが・・

日頃、「若い奴は・・」が口癖の吉岡が、老人達にこう言われる。

「我々は営々と働き続けてきた挙句に使い捨てられたのだ。あなたも同じだ」「あんたはまだ若い。若いから理屈で納得できる」「20年たったら、あんたの言っていることが理屈だとわかる」

あれから27年後の現在、《シルバーシート》は《優先席》に変わったが、高齢者は相変わらず社会の隅に押しやられ、ドラマの投げかけた問題は何も解決されていない。

『男たちの旅路・シルバーシート』は志村喬、笠智衆、加藤嘉、藤原釜足、殿山泰司という豪華キャストを迎えての秀作で、芸術祭大賞を受けた。


《余談》
《シルバーシート》は1973年に旧国鉄で設置された。ストックされていたシルバーの生地を使用したために《シルバーシート》の名前がついたもので、高齢者をイメージする意図があったわけではない。
▼男たちの旅路
cover
1977.11.12 土曜日 0:00〜21:15
制作:NHK
脚本:山田太一
出演:
鶴田浩二、水谷豊、桃井かおり、柴俊夫
志村喬、笠智衆、加藤嘉、藤原釜足、殿山泰司
dvd 男たちの旅路DVD情報>>


▼60・70年代TVドラマレビュー・目次
62 隠密剣士
65 サザエさん
65 ザ・ガードマン
66 天国の父ちゃんこんにちは
66 泣いてたまるか
66 快獣ブースカ
67 怪獣王子
67 ジャイアント・ロボ
67 トッポ・ジージョ
67 チャコねえちゃん
67 ゆば ばってら
68 台風娘がやってきた
68 怪奇大作戦
69 魔神バンダー
69 柔道一直線
70 細うで繁盛記
70 アテンションプリーズ
71 おかしな夫婦
71 おひかえあそばせ
72 木枯し紋次郎
73 どっこい大作
74 傷だらけの天使
75 赤い疑惑
75 長くつ下のピッピ
77 幕末未来人
77 赤い激流
77 時間よ、とまれ
77 男たちの旅路
79 熱中時代
80 ザ・商社

▼バラエティ番組
大正テレビ寄席
がっちり買いまショウ
家族そろって歌合戦
スター千一夜
万国びっくりショー
▼一覧
NHK少年ドラマシリーズリスト
70年代ドラマDVDリスト
タケダアワーと不二家の時間
NHK教育テレビ子供番組
▼総合目次
懐かしい昭和のTV番組・目次
昭和のエッセイ集トップページ
男たちの旅路 放映リスト
【第一話 非常階段】1976年2月28日
警備会社に勤務する吉岡晋太郎は、筋金入りのガードマン。特攻隊の生き残りで50歳。チャラチャラと遊んでいる若者の姿を見ると我慢ならなくなる。そんな吉岡のもとに、柴田竜夫と杉本陽平の二人の新人が配属されてきた。 彼らの勤務先は自殺の名所として有名な高層ビル。夜間の自殺者を防ぐことが三人の仕事である。ところがある夜、そのビルに自殺を図る若い女性が忍び込んだ。吉岡は陽平たちにギリギリに生きてきた戦時中から今にかけての自分の思いを語る。若者に好かれようなどと思ってもいない吉岡に、若い陽平と竜夫はなぜか心引かれるのだった。

【第二話 路面電車】1976年3月6日
ビルの屋上で自殺を図り、吉岡らに救われた若い女性・島津悦子は、吉岡に頼み込んで彼らの勤める警備会社に就職し、ガードマンならぬガードウーマンとなった。悦子は柴田竜夫とともに吉岡に連れられスーパーマーケットでの万引きの警備に張り切り、犯人の女性を捕まえる。 だが、彼女の身の上話に同情した悦子は、自ら犯人を逃してしまう。それを聞いた吉岡は、悪事に対して事情にかかわらず情けは無用と犯人を警察につき出す。

【第三話 猟銃】1976年3月13日
柴田竜夫、島津悦子は警備会社の上司である吉岡との仕事上のふとした考え方の相違が原因でガードマンの仕事を辞めてしまった。さらに同僚の杉本陽平も彼らを追うように辞職し、3人ともなんとなく気の抜けた日々を過ごしていた。 ある日竜夫は、母・裕子と吉岡が昔結婚までも考えた関係であったことを知る。吉岡には、全くきれいな間柄であったと説明されるのだが・・・。 そんな中、連続猟銃乱射事件の警戒警備中の吉岡を訪ねた3人は、そこで強盗事件に巻き込まれてしまうのだった。

以上、『男たちの旅路』第一部DVDの公式解説です。

【第2部】
1977年2月5日(廃車置場)
1977年2月12日(冬の樹)
1977年2月19日(釧路まで)
【第3部】
1977年11月12日(シルバー・シート)
1977年11月26日(墓場の島)
1977年12月3日(別離)
【第4部】
1979年11月10日(流氷)
1979年11月17日(影の領域)
1979年11月24日(車輪の一歩)
【スペシャル】
1982年2月13日(戦場は遥かになりて)
▲ページトップへ
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001