BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
ドラマティックに恋して
♪波乱万丈 あっという間の一生
普通に生きてるとドラマティックな場面などそうそうないけれど、TVなら何人分も味わえてしまうのだ。1960〜70年代のテレビドラマのレビュー。
▼ドラマティックに恋して
作詞・作曲・唄 広瀬香美
おひかえあそばせ 1971
『おひかえあそばせ』は日本テレビの石立鉄男シリーズの第1作。

男やもめの池西猪太郎(大坂志郎)は退職金で家を買い、5人の娘と移り住むが、売り主の娘が下宿するという条件付きだった。ところが、下宿人は薫という名の若い男(石立鉄男)だった。

設定は後の『雑居時代』とほぼ同じ。一つ屋根の下で恋が芽ばえていくというパターンは少女まんがのラブコメの定番だ。第一回、薫は池西一家と対面するまえに、4女・菊枝(岡田可愛)と偶然出会って喧嘩をする。

まんがで転校生が教室へやってきて「おまえは、今朝の!!」ってやつだ。もはや古典か? 最近、NHKの『さくら』でも同じパターンをやっていた。寺内貫太郎がいたり、隣の美代ちゃんやゴロンボ警部@カックラキン大放送がいたりで、70年代ドラマのパロディの感があった。

もじゃもじゃ頭のカメラマン・ 石立鉄男(篠山紀信を連想してしまう)はシリーズが進むに従ってふくよかになり、三枚目になっていくが、『おひかえあそばせ』の頃はまだ二枚目だった。

主に岡田可愛と宮本信子がからむのだが、私は宮本信子を応援していた。 『マルサの女』以降しか知らない人には意外かもしれないが、『ゲバゲバ90分』の頃は、うつみ美土里や朝丘雪路と並んで“きれいどころ”だったのだ。


おひかえあそばせ
おひかえあそばせDVD情報>>

DVDレンタル情報>>

▼おひかえあそばせのデータ
放映期間1971.4.7〜9.22
制作:日本テレビ
出演:
小早川薫/石立鉄男
池西猪太郎/大坂志郎
さくら/富士真奈美
梅子/宮本信子
すみれ/嘉手納清美
菊枝/岡田可愛
あやめ/鳥居恵子
つぼみ/津山登志子
大下/山本紀彦

▼60・70年代TVドラマレビュー・目次
62 隠密剣士
65 サザエさん
65 ザ・ガードマン
66 天国の父ちゃんこんにちは
66 泣いてたまるか
66 快獣ブースカ
67 怪獣王子
67 ジャイアント・ロボ
67 トッポ・ジージョ
67 チャコねえちゃん
67 ゆば ばってら
68 台風娘がやってきた
68 怪奇大作戦
69 魔神バンダー
69 柔道一直線
70 細うで繁盛記
70 アテンションプリーズ
71 おかしな夫婦
71 おひかえあそばせ
72 木枯し紋次郎
73 どっこい大作
74 傷だらけの天使
75 赤い疑惑
75 長くつ下のピッピ
77 幕末未来人
77 赤い激流
77 時間よ、とまれ
77 男たちの旅路
79 熱中時代
80 ザ・商社

▼バラエティ番組
大正テレビ寄席
がっちり買いまショウ
家族そろって歌合戦
スター千一夜
万国びっくりショー
▼一覧
NHK少年ドラマシリーズリスト
70年代ドラマDVDリスト
タケダアワーと不二家の時間
NHK教育テレビ子供番組
▼総合目次
懐かしい昭和のTV番組・目次
昭和のエッセイ集トップページ
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001