BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
ドラマティックに恋して
♪波乱万丈 あっという間の一生
普通に生きてるとドラマティックな場面などそうそうないけれど、TVなら何人分も味わえてしまうのだ。1960〜70年代のテレビドラマのレビュー。
▼ドラマティックに恋して
作詞・作曲・唄 広瀬香美
どっこい大作 1973
「どっこい、どっこい、どっこい・・・」

タイトルバックで、いきなり相撲スタイルで天を突く。

日本一の男になるために東京に出てきた田力大作(金子吉延)の活躍を描くドラマは『どてらい男』の子供向けといった感じだった。『図々しい奴』のように世渡り上手ではなく、“モーやん”のようにどてらくもない大作は、困難に立ち向かうとき、どっこい、どっこい・・・とやるのだった。

裸一貫からの出世物語は放映当時でもアナクロな感じだったが、『どてらい男』が始まったのは10ヶ月後で、翌年に始まった『おらあガン太だ』も主人公が田舎から出てくる設定だった。

♪表〜参道〜原〜宿〜は(あこがれ共同隊/1975) 、まだ田舎とは距離があった。


《余談》
大作を演じる金子吉延は、同世代には『仮面の忍者赤影』、『河童の三平』の子役として馴染み深いだろう。公式サイトはこちら>>

《主題歌・歌詞》
いつか誓った誠の峰をいつか必ず登ってみせる


どっこい大作の転職
第一部:ラーメン屋 職人役で山田太郎が出演。

第二部:掃除屋 掃除屋役で牟田悌三が出演。

第三部:パン屋 ライバル役で佐々木剛が出演。
▼どっこい大作
cover
どっこい大作CD情報>>

1973.1.8〜1974.3.25
キー局 :NET
出演: 金子吉延、津山登志子、志村喬

どっこい大作1
▲ゲストの桜田淳子の前でどっこいポーズをする大作

▼60・70年代TVドラマレビュー・目次
62 隠密剣士
65 サザエさん
65 ザ・ガードマン
66 天国の父ちゃんこんにちは
66 泣いてたまるか
66 快獣ブースカ
67 怪獣王子
67 ジャイアント・ロボ
67 トッポ・ジージョ
67 チャコねえちゃん
67 ゆば ばってら
68 台風娘がやってきた
68 怪奇大作戦
69 魔神バンダー
69 柔道一直線
70 細うで繁盛記
70 アテンションプリーズ
71 おかしな夫婦
71 おひかえあそばせ
72 木枯し紋次郎
73 どっこい大作
74 傷だらけの天使
75 赤い疑惑
75 長くつ下のピッピ
77 幕末未来人
77 赤い激流
77 時間よ、とまれ
77 男たちの旅路
79 熱中時代
80 ザ・商社

▼バラエティ番組
大正テレビ寄席
がっちり買いまショウ
家族そろって歌合戦
スター千一夜
万国びっくりショー
▼一覧
NHK少年ドラマシリーズリスト
70年代ドラマDVDリスト
タケダアワーと不二家の時間
NHK教育テレビ子供番組
▼総合目次
懐かしい昭和のTV番組・目次
昭和のエッセイ集トップページ
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001