BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/03/7
博多味恋
子供時代を過ごした福岡の食べ物にまつわるエッセイ。
▼博多みれん
作詞・鳳司哲夫/ 作曲・荒井英一/唄・野口五郎
柚子胡椒
胡椒はどこに入っているの?その謎を説明しよう。

今や全国区の柚子胡椒。発祥の地、大分県日田は地理的に福岡に隣接していて、柚子胡椒は福岡市を中心に広まったのではないかと思われる。

1960年代の中頃に誕生したそうで、私が知ったのは1970年代の始めに父親が料理屋のお手製を持ち帰った時だった。当時は水炊き(博多の鶏鍋)の薬味として使っていた。

私が実家にいた1970年代末は家庭に常備される程には普及しておらず、辛子明太子を全国区にした博多発の山陽新幹線には乗り遅れてしまった。なので、万能調味料として多くのレシピが広まった時期は地元と他地域でそれほど差がないはずだ。

柚子胡椒の材料は柚子、唐辛子、 塩で、胡椒は入っていない。地元の人間がなんの疑問も抱かないのは、九州では唐辛子を「こしょう」と呼ぶからだ。西洋の胡椒は「洋コショー」と呼ぶ。

では、何故、博多名産「辛子明太子」は「胡椒明太子」と呼ばないのか?辛子明太子の発祥については下関と博多で論争があるが、最初に命名されたのは下関なのかも知れない。


《余談》
最近、柚子こしょうを使って美味しかったのは餃子のタレ。柚子こしょうを酢で溶くだけ。できるだけ柚子の風味を壊さないないように、酢はマイルドな千鳥酢がおすすめ。餃子の餡はセロリが特に合う。
▼柚子胡椒
柚子こしょう
元祖・柚子こしょう通販情報>>

▼福岡の洋コショー
洋コショー

▼千鳥酢
千鳥酢
千鳥酢・通販情報>>


▼博多味恋・目次
てんぷら
ゆずこしょう
クロボー
からしめんたい
せんぺい
長崎物語
南関あげ
たいらぎ
クツゾコとアラカブ
かすてらまんじゅう
ぽんず
親不孝通りのランチ
九州取り寄せグルメ
通販情報 画像にリンクしています。

ふくや からしめんたい

柳川 うなぎせいろむし

有明海 タイラギの粕漬

大宰府 梅ヶ枝餅

久留米 大砲ラーメン

元祖 いわし明太子

海老の宮川 活き車海老

長崎 吉宗の茶碗蒸し
   
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001