BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
タツノコ『三悪志』
第3回  ゼンダマン♪これまたアクダマン

1979年1月27日、『ヤッターマン』は2年の放映に終止符を打った。

人気は上々だったが、おもちゃ会社がスポンサーであり、新しい番組・新しいメカが望まれたためだ。 そして翌週、2月3日から始まったのが、シリーズ第3作『ゼンダマン』


ストーリーだよ!ゼンダマン
世界的な科学者・紋者博士は、“命のもと”を探していた。どういう形かは分からないが、黄金に輝くそれは不老長寿の秘薬だと言う。おなじみ三悪は、“命のもと”を横取りして大もうけをしようと企む。

それを阻止するのは、博士の助手・鉄ちゃん(ゼンダマン1号)と、博士の孫娘・さくらちゃん (ゼンダマン2号)。 決めゼリフは「この世に悪のはびこる限り、ゼンダマンは現われる。善意のかたまりゼンダ マン、只今参上!」

“命のもと”がどの時代のどこにあるのか分からないため、タイムトンネルを使ってあらゆる 場所に出かけてゆく。 そう、『タイムボカン』のダイナモンド探しと同じ。 『ヤッターマン』で一旦やめたタイムトラベルの復活である。

『タイムボカン』は史実の世界が多かったが、『ゼンダマン』では童話の世界も多く登場する。「浦島太郎」「こぶとりじいさん」「かぐや姫」「不思議の国のアリス」「人魚姫」などなど。 ギャグにも磨きがかかり、おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさのある作品である。


アクダマンだよ!ゼンダマン
「天が呼んだか地が招いたか、悪のかたまりアクダマン!」

リーダーの【ムージョ】24歳
マージョやドロンジョに比べると、頭のデザインがシンプル。 ヘルメットやマスクではなく、ヘアバンド一本。 世界一の美女を自称するだけあって、よけいなもので飾らなくてもよいということなのか。 「うっふ〜ん、悩ましポーズよ〜ん」と毎週メカの上から披露してくれる色っぽい姿も見所だった。ただ、そろそろお肌の曲がり角。ライバルのさくらちゃんはピチピチの12歳。 若さにジェラシーをメラメラしちゃうこともある。

メカ作りの天才【トボッケー】25歳
ひとつ気になっていることがある。 アメリカンなコスチュームはなかなか似合っているが、今回、おへそが出ていない。 『ヤッターマン』の時はトンズラーと一緒に、丸いチャーミングなデベソを見せてくれていたのに。ドンジューローとムージョはへそ出しで、なんだか仲間はずれなのだ。

元歌舞伎役者の【ドンジューロー】30歳
変わった経歴である。
第32回「弁慶サンだよ!ゼンダマン」で、三悪結成の秘密が明かされる。 ドンジューローとトボッケーのふたりは、世界一の悪党を目指してムージョがスカウトしたらしい。ムージョは男心の扱いがうまい、いい女なのである。 この回では、歌舞伎の練習に励んだり、ムージョへの愛全開で張り切るドンジューローが見られる。

プラスアルファの猫【ニャラボルタ】3000歳
第1回「無敵はステキ!ゼンダマン」で、資金不足に泣く三悪の前に忽然と現われた猫。 「猫に小判」と言いながら、三悪に千両箱を差し出す。 その謎は、最終回で明かされる。 得意技は引っ掻き。
♪たてがき〜よこがき〜ななめがき〜   トボッケーに「いつか三味線にしてやる」と言われている。


メカはライオン!ゼンダマン
カラオケを歌うメカというのは、めずらしい。この作品に登場する善玉メカのゼンダライオンは、声を山本正之さんが担当している。 『タイムボカン』からこのシリーズの主題歌を歌っている人だ。

タイムトンネルを走りながら、気持ち良さそうな歌声が流れる。
♪ちからじまんで のどじまん〜 ぽぽ〜  これは後に視聴者参加コーナーになって、子供たちが歌うようになる。

このライオン、マゾである。ゼンダマンに愛のムチで叩かれると「春のめざめ〜」と元気になる。 「野生のめざめ〜」と奮い立つゼンダゴリラというのもいる。善玉メカのモチーフは動物で、他にはゼンダモグラ・ゼンダビーバー・ゼンダシロクマなど。

悪玉メカは、シャレコウベメカ。『タイムボカン』同様、これを核にして毎回のメカをカスタム化する。コクピット内には、戦いで荒みがちな気持ちを和ませるため(?)さまざまなコクピットメカが 用意されている。

【おだてブタ】 前作でもおなじみの人気者。 踏み切り信号によく登っていた。
【コーラスカラス】 4羽のカラス。 ♪ヤル〜ヤル〜ヤル〜ヤラレルゾ キットナ
【ワンモアカラス】 「ワンスモア!」の一声で、コーラスカラスをもう一度呼び出す。
【オシイ星人】かの押井守さんがモデルのクラゲ型宇宙人。♪オ〜シイ オ〜シイ オ〜シイナ〜 モウチョット
【ゴングマン】メカ戦の戦闘開始を告げる。
【ドッチデモイイゾー】メカ戦のレフリー。
【トミー・ヤマケイ】メカではないが、メカ戦の解説キャラ。 富山敬さんがモデル。「解説しよう!」

もう一つ、忘れてならない悪玉メカは裁判マシーン。お仕置きは健在。 自分たちで作ったものであり、このパターンは後の『きらめきマン』に継承される。


余談
この作品から、オープニング・クレジットの「製作」のところには、吉田竜夫さんではなく吉田健二さんの名前が入る。 吉田健二さんは吉田竜夫さんの弟で、タツノコプロ二代目社長となった。 現在、タツノコプロ会長。

吉田竜夫さんが亡くなった時、『みなしごハッチ』などの総監督を務めた原征太郎さんは、 笹川ひろしさんに「死んだ人間は帰ってこないんだから、引きずるなよ」と言われて、「僕はずっと引きずっていきたい。 それだけ影響を受けている。そんな、ぽろっぽろっと忘れるような生き方はしたくない」と大泣きしたそうである。

吉田竜夫さんは、社員に慕われるすばらしい社長であり、多くの子供たち(私も含めて)に 夢を与えてくれる偉大なるクリエイターだった。スポンサーの中には、「これからタツノコプロは、ものを作っていけるのか」と心配する向きもあり、辛い時期であったはずだが、吉田健二さんはもう一人の弟・九里一平(本名・吉田 豊治)さんと手を携えて、新たなるタツノコプロを構築していく。


最終回だよ!ゼンダマン

“命のもと”は、会津磐梯山で見つかった。 大腹庄助所有の沼が、金色に輝く。アクダマンは、それをすべて吸い取り現代へと逃げる。ムージョ屋敷に戻り、乾杯しようとするアクダマン。しかし、タンクは空だった。

途中、ニャラボルタがタンクに穴を開けて捨てていたのだ。 ゼンダマンが追いつき、紋者博士が別ルートからムージョ屋敷を見つけ、オールキャストで の謎解きが始まる。

ニャラボルタは、今まで“命のもと”を独り占めすることで3000年生き続けてきた。 その“命のもと”がなくなったので、アクダマンを操って探させていたのだ。逃げるニャラボルタから、隠し持っていた“命のもと”を奪い取って一気に飲み干すアクダマン。若返っていく三人…しかし、若返りすぎて赤ん坊に…

そして裁判マシーンの爆発。 爆風に飛ばされた三人は、丸太に乗って川を流されていく。 成長してまた、悪玉トリオを結成するのだろうか…?

さて、あなたは目の前に“命のもと”があったら、飲みますか?


第4回『オタスケマン♪アーウーオジャママン』>>に続く。

Author :ヤマネコ

ヤマネコ改め、ちとせさんのブログへ>>

▼ゼンダマン
ゼンダマンDVD
1979年2月3日〜1980年1月26日
フジテレビ系、毎週土曜夜6時30分〜7時00分、全52回

製作/吉田健二
企画/九里一平、鳥海尽三、柳川茂、酒井あきよし
原作/タツノコプロ企画室
総監督/笹川ひろし
担当ディレクター/原征太郎(1〜37話)、大貫信夫
プロデューサー/永井昌嗣、横尾潔
キャラクターデザイン/天野嘉孝
メカニックデザイン/大河原邦男
dvd ゼンダマンDVD情報>>

▼ゼンダマン
ゼンダマン

▼鉄ちゃん/三ツ矢雄二
紋者博士の助手、13歳。

▼さくらちゃん/滝沢久美子
紋者博士の孫娘。鉄ちゃんのガールフレンド、12歳。

▼アマッタン/佐久間あい
ゼンダマンの二人が作ったロボット。余り物の材料で作られた。

▼紋者博士/ 宮内幸平
語尾に「もんじゃ」をつけるのが口癖。


▼悪玉トリオ
ゼンダマン 悪玉トリオ

▼ムージョ/小原乃梨子
▼ドンジューロー/たてかべ和也
▼トボッケー/八奈見乗児
▼ニャラボルタ/池田勝
▽トラボルタ
サタデー・ナイト・フィ ーバー/1978年日本公開
ジョン・トラボルタ主演

▼ゼンダライオン
ゼンダライオン




▼オシイ星人>押井守
ゼンダマンの絵コンテ・演出・修正絵コンテ担当
1951年生まれ。東京都出身。
東京学芸大学教育学部美術教育学科卒。
1977年、タツノコプロダクションに入社。
1980年、スタジオぴえろに移籍。
1984年、スタジオぴえろ退社。以降、フリー。
主な作品
『うる星やつら オンリー・ユー』
『うる星やつら ビューティフル・ドリーマー』
『機動警察パトレイバー』
『機動警察パトレイバー2 the movie』
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
『人狼 JIN-ROH』
最新監督作品は、実写映画『Avalon』。
▼吉田竜夫
漫画家、タツノコプロダクションの創設者。
1932年3月6日、京都生まれ。
デビューは1955年の「鉄腕リキヤ」
「チャンピオン太」(原作:梶原一騎)が人気に。
他に「ハリス無段」「忍者部隊月光」等。
1962年10月、弟の吉田健二、三男・九里一平と共に、「竜の子プロ」を設立。
1977年9月5日、肝臓ガンで死去。享年45歳。

▼吉田健二
タツノコプロ会長。
雑誌のマンガや挿絵で活躍していた吉田竜夫、九里一平の原作を丸山健二というペンネームで担当していた。

▼九里一平
タツノコプロ代表取締役社長。
1940年 京都生まれ。
吉田三兄弟の三男。 本名、吉田豊治。
タツノコプロを設立時、企画・演出で「宇宙エース」(1965年)に参加。

▼タツノコプロダクション創設当時のメンバー
▽辻なおき:吉田竜夫の幼なじみ。後に「0戦太郎」や梶原一騎原作の「タイガーマスク」などを発表。
▽望月三起也:「秘密探偵JA」「ワイルド7」
▽中条健:「キックの鬼」「カラテ地獄変」

▼原征太郎
ゼンダマンの担当ディレクター(1〜37話 )

▼笹川ひろし
ゼンダマンの総監督。
タツノコプロ企画室ディレクター。
1936年7月9日、福島県会津若松市生まれ。
故・手塚治虫氏に師事、漫画家として「鉄腕ベビー」でプロデビュー。
竜の子プロ創立に携わる。
総監督や演出担当として
「おらあグズラだど」
「ハクション大魔王」
「いなかっぺ大将」
「科学忍者隊ガッチャマン」
「タイムボカン」シリーズをヒットさせる。

タイムボカン王道復古
△歴代三悪総登場!ボヤッキーの引退後は・・
dvd タイムボカン王道復古DVD情報>>

タイムボカン
別冊 宝島・通販情報>>

タイムボカン全61話、 ヤッターマン全108話ストーリーダイジェスト収録。

INDEX
【動物まんがまつり】
本編
フランダースの犬

【まんが悪役列伝】
ハンス・エンゲル
ベルク・カッツェ
プリンス・シャーキン
大将軍ガルーダ
プリンス・ハイネル
その後の美形悪役たち

【タツノコ『三悪志』】
プロローグ
タイムボカン
ヤッターマン
ゼンダマン
オタスケマン
ヤットデタマン
逆転イッパツマン
イタダキマン
怪盗きらめきマン

他の記事へ
メカリモコンリモコンカー
【バンプレスト】タツノコメカリモコンカー3全3種セット>>
本ホームページに使用したタツノコプロの画像は(株)竜の子プロダクションの掲載許諾を受けています。 配布や再掲載は禁止されています。
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001