BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
ワンダフル・ワールド
どの街を歩けば君に会えるだろう♪
旧筑紫野町・二日市中央通りで暮らした日々の想い出
▼ワンダフル・ワールド
唄・ウルフルズ
石油ストーブ
ストーブをつけたら 曇ったガラス窓♪

我が家へ石油ストーブがやって来たのは昭和38年の暮れだった。テレビ、洗濯機、冷蔵庫。東京オリンピックを目前にして、暮らしは一気に近代化した。

中央通り商店街の私鉄駅寄りに武石(たけいし)百貨店があった。百貨店といっても個人商店で、一階は食品、二階は衣料、三階は家具と電化製品だった。

食卓と椅子、ソファベッド、ストーブもここで買ったのだと思う。サンヨーの赤いストーブは発売されたばかりのキャビネット型で、当時主流だったスタンド型と比べてずいぶんモダンに見えた。

選んだ理由は、その歳に生まれた弟が触ってひっくり返さないように、という思いがあったのかも知れない。見た目は時代を先取りしていたが、カセット式タンクの誕生する前で、扉を開けると給油口があった。

それまでの暖房器具は炬燵と火鉢だったが、ストーブの登場で火鉢の役目はお正月の餅焼きだけになった。思えば、冬に窓が曇るようになったのは、燃えると水蒸気の出る石油ストーブがやって来てからだった。
▼サンヨー 石油ストーブ



▼目次
弁当保温器
全自動たいやき機
サンタはパン屋さん
大掃除の匂い
イエス様はガキ大将
火鉢と石油ストーブ
アトムかるた
正月にまわるもの
鏡餅の食べ方
ソントンと江島屋
ヴィックスと薬局
アイスペット
不二家ネクターと缶きり
バナナと黄色いワーゲン
焼き芋とみりん焼き
カレンダーふりかけ
幼稚園のバナナ

昭和の生活コラム 総合目次>>
昭和のエッセイ集トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001