BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
ワンダフル・ワールド
どの街を歩けば君に会えるだろう♪
旧筑紫野町・二日市中央通りで暮らした日々の想い出
▼ワンダフル・ワールド
唄・ウルフルズ
焼き芋とみりん焼き
い〜しや〜きいも〜♪

昭和30年代末。豆腐、金魚、風鈴、鋳掛け屋、あさり貝、クズ屋・・今ではほとんど見かけなくなった行商が日常的にやってきていたが、石焼き芋の売り声は聞いたことがなかった。街に焼き芋屋があったからだ。

中央通りの中程の曲がり角に大きな造り酒屋があった。通りに面した高い塀に囲まれていて、外から中は見えない。その塀にはまり込むようにして、間口一間程の焼き芋屋があった。

今で言うテイクアウト専門で、その頃小さかった私には店の中がよく見えなかったが、大きな壷のような窯が据え付けられていたように思う。焼き芋を初めて知ったのはこの店でなので、そうやって売られているものだと思い込んでいた。

店には焼きそばの屋台のような鉄板もあって、薄焼きのえびせんべいも売っていた。量産品の『海老みりん』の大きいやつで、焼きたてはとても美味しくて今でも忘れられない。焼き芋も美味しかった。

それほど好きだったのに、中央通りに住んでいた4年間に食べた記憶が数回しかないのは、途中で店じまいしてしまったからなのだろうか?

酒屋は大賀酒造といって福岡でもっとも古いそうで、道を挟んで向かい側のえびす醤油と共に、今でも当時の佇まいが残っている。そして、その塀には焼き芋屋の名残りはまったくない。あれは私の記憶違いだったのだろうか・・
▼みりん焼き

石焼き芋鍋・通販情報>> 楽天


▼目次
弁当保温器
全自動たいやき機
サンタはパン屋さん
大掃除の匂い
イエス様はガキ大将
火鉢と石油ストーブ
アトムかるた
正月にまわるもの
鏡餅の食べ方
ソントンと江島屋
ヴィックスと薬局
アイスペット
不二家ネクターと缶きり
バナナと黄色いワーゲン
焼き芋とみりん焼き
カレンダーふりかけ
幼稚園のバナナ

昭和の生活コラム 総合目次>>
昭和のエッセイ集トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001