BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
スタンド・バイ・ミー
私は12歳の時の友人に勝る友人を、その後持ったことがない。
---ゴーディ・ラチャンス
▼スタンド・バイ・ミー
THE BODY:スティーブン・キング著
教室のテレビ 〜箱入りの友〜
その同級生は小学校の六年間、ずっと箱の中にいた。

『激動の戦後昭和史』といったタイトルのテレビ番組では、お約束のようにニュース映画の「学校にテレビがやってきた」シーンが紹介される。

昭和40年代に入学した私の場合、すでに学校にテレビはあったが、各教室に一台という環境ではなかった。授業で使う時は生徒が放送室までとりに行ったのだ。

レイダーステレビの受像器は専用の木製の駕籠に入れて置いてあった。箱の内側はラシャ張りで両脇に天秤棒が二本生えていた。低学年は4人、高学年は2人で運ぶ。たしか男の子の役目だったように思う。

低学年の時は『たのしい教室』や『はたらくおじさん』等、社会や理科の授業で使う事が多かったが、中学年以降はもっぱら道徳の授業に使われていた。

中山千夏が主題歌を唄う「くちぶえ吹いてー、空き地へ行った(みんななかよし)」や「あいつを初めて知った時 (明るいなかま)」だ。

給食費の袋が無くなったり、幼い兄弟の面倒をみなけりゃいけない子が同級生と一緒に遊べずに仲間はずれになったり。観賞後、感想を語り合う為の教材だったのだと思うが、実際に話し合った記憶は殆どない。

学校のテレビは卒業するまで白黒(モノクロ)だった。 風邪で学校を休んだ時や夏休みに家のカラーテレビで観る教育番組には違和感があったものだ。

大人になって映画『レイダース〜失われたアーク』を観た時、「あっTVの駕籠だ!」と思った。大切なものを運ぶ形は時間も空間も超越する?
白黒テレビ
昭和レトロ白黒テレビ通販>>楽天

懐かしのこども番組グラフィティー
懐かしのこども番組グラフィティーDVD情報>>


▼目次

教室のテレビ
ハチドリ
スピログラフ
紅茶
石簑
プラッシー
セイタカアワダチソウ
ひみつ基地
肝油ドロップ
あやとり
大晦日の怪獣映画
粉からし
たどん
恐怖まんが
足踏みミシン
土筆
教鞭
冷凍みかんの袋
いげんは饅頭
15パズル
カラスノエンドウ
噴水ジュースと小便小僧
四つ葉のクローバー
ローマ字
灰皿と蚊取り線香
マクワウリ
アイロンの木箱
ラジオ体操
シャービック
老人と子供のポルカ
ミルクセーキの素
自由自在
カルミン
柱時計
粉ふきいも
7up - セブンアップ
プラネタリウム
こたつ
ママと遊ぼう!ピンポンパン
ロイヤルのフルーツケーキ
レコード大賞
タイムカプセル
フタバスズキリュウ
ほうき
ゴルフ
手作りアイスクリーム
フルーツ牛乳
夏休みの友
入道雲とトマト
時報時計
消しゴム
学研ペンシル・サム
徳用マッチ
ドーナツ
UHFコンバータ
駄菓子屋の提灯
ブラックペニーと郵便番号
学習帳
ヒイラギ
大魔神
高等社会科地図
ホットドッグとアメリカンドッグ
玉羊羹

昭和の生活コラム 総合目次>>
昭和のエッセイ集 トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001