BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/08/01
スタンド・バイ・ミー
私は12歳の時の友人に勝る友人を、その後持ったことがない。
---ゴーディ・ラチャンス
▼スタンド・バイ・ミー
THE BODY:スティーブン・キング著
玉羊羹 〜巨峰の友〜
始めて巨峰というブドウを知ったのは小学6年生の頃だったと思う。それまでブドウといえば、マスカットとキャンベルとデラウェアで、巨峰の大きさと甘さに驚いたものだ。

巨峰はそれ以前からあったらしいが、その頃に価格がこなれ初めたのか、世の中が豊かになったのか、急にお土産にいただくことが増え始めた。

同じ頃、巨峰に似たお菓子に出会った。同じ位の大きさの丸い羊羹で、ゴムの袋に詰まっていて、楊枝でつつくとクルンと中身が飛び出すのだ。

同じように袋に入ったアイスは子供の頃からあったので、真似て作ったのかと思っていたけれど、最近調べたら、元祖『玉羊羹』は福島銘菓で、昭和12年に誕生したんだそう。アイスが見習ったのかも知れない。

玉羊羹の名前は記憶に無いので、たぶん亜流だったのだと思う。箱にセロファンの千切り?が敷いてあって、まるでブドウの様に詰められていた。

当時は福岡に住んでいたので、福島のお土産を頻繁にいただく理由も無く、巨峰の産地、田主丸(たぬしまる)が近かったので、巨峰のオフシーズンをカバーする、通年の土産として地元で作られていたのかも知れない。

見た目からブドウ風味を期待して食べたので、普通の羊羹味にがっかりした記憶がある。当時は和菓子はあまり好きではなかったので、葡萄味のゼリーだったらいいのにと思いながら、楊枝でつつく面白さの代償として仕方なく食べていた想い出がある。

ブームは短かったのか、数年後には見かける機会もなくなり、当時と違ってどこでも売っている巨峰より、玉羊羹をいただくほうが嬉しいかも知れない。最初だけだとは思うけど・・


▼玉嶋屋の玉羊羹
玉羊羹


▼目次

教室のテレビ
ハチドリ
スピログラフ
紅茶
石簑
プラッシー
セイタカアワダチソウ
ひみつ基地
肝油ドロップ
あやとり
大晦日の怪獣映画
粉からし
たどん
恐怖まんが
足踏みミシン
土筆
教鞭
冷凍みかんの袋
いげんは饅頭
15パズル
カラスノエンドウ
噴水ジュースと小便小僧
四つ葉のクローバー
ローマ字
灰皿と蚊取り線香
マクワウリ
アイロンの木箱
ラジオ体操
シャービック
老人と子供のポルカ
ミルクセーキの素
自由自在
カルミン
柱時計
粉ふきいも
7up - セブンアップ
プラネタリウム
こたつ
ママと遊ぼう!ピンポンパン
ロイヤルのフルーツケーキ
レコード大賞
タイムカプセル
フタバスズキリュウ
ほうき
ゴルフ
手作りアイスクリーム
フルーツ牛乳
夏休みの友
入道雲とトマト
時報時計
消しゴム
学研ペンシル・サム
徳用マッチ
ドーナツ
UHFコンバータ
駄菓子屋の提灯
ブラックペニーと郵便番号
学習帳
ヒイラギ
大魔神
高等社会科地図
ホットドッグとアメリカンドッグ
玉羊羹

昭和の生活コラム 総合目次>>
昭和のエッセイ集 トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001