BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
スタンド・バイ・ミー
私は12歳の時の友人に勝る友人を、その後持ったことがない。
---ゴーディ・ラチャンス
▼スタンド・バイ・ミー
THE BODY:スティーブン・キング著
ママと遊ぼう!ピンポンパン 〜猩紅熱の友〜
時には母のない子のように♪

カルメン・マキのなげやりな歌声が流れていた頃、私は一時的に「誰にも恋を話せない」子になっていた。猩紅熱(しょうこうねつ)で入院したのだ。

当時、猩紅熱は法定伝染病で、隔離病棟へ入らなければならなかったが、診断を受けた病院にはなく、たまたま個室が空いていたので、一般的な溶連菌感染症として扱うことになった。

学校で聞かれたら「ようれんきんかんせんしょう」と答えなさい、と教えられたおかげで、舌を噛みそうな病名の読み書きが出来るようになった。

入院は一週間弱だった思う。ずっと面会謝絶で外出も出来きず、本を読んで過ごした。退屈しのぎに体温の記入用紙にトナカイの絵を落書きしていた想い出がある。

何故、トナカイかといえば、年末に観た子供番組『ママと遊ぼう!ピンポンパン』の「えかきうた」の題材がトナカイだったからだ。すでに対象年齢からは外れていたが、冬休みに入っていたので弟につきあったのだった。

小学校を卒業した春、ピンポンパンはタイトルが『みんなであそぼう!ピンポンパン』に変わった。『時には母のない子のように』が物議をかもしていた記憶があるが、そういった流れで「母親のいない家庭に配慮した」という理由だったと思う。

ところが、秋の番組編成期には直子おねえさんが引退して『ママと遊ぼう!ピンポンパン』に戻った。本当の理由は知らないが、子供を卒業したばかりの私には、大人の場当たり的な対応に見えて、なんだかなぁ〜と思ったものだ。
▼ピンポンパン えかきうた
書籍情報>>


▼目次

教室のテレビ
ハチドリ
スピログラフ
紅茶
石簑
プラッシー
セイタカアワダチソウ
ひみつ基地
肝油ドロップ
あやとり
大晦日の怪獣映画
粉からし
たどん
恐怖まんが
足踏みミシン
土筆
教鞭
冷凍みかんの袋
いげんは饅頭
15パズル
カラスノエンドウ
噴水ジュースと小便小僧
四つ葉のクローバー
ローマ字
灰皿と蚊取り線香
マクワウリ
アイロンの木箱
ラジオ体操
シャービック
老人と子供のポルカ
ミルクセーキの素
自由自在
カルミン
柱時計
粉ふきいも
7up - セブンアップ
プラネタリウム
こたつ
ママと遊ぼう!ピンポンパン
ロイヤルのフルーツケーキ
レコード大賞
タイムカプセル
フタバスズキリュウ
ほうき
ゴルフ
手作りアイスクリーム
フルーツ牛乳
夏休みの友
入道雲とトマト
時報時計
消しゴム
学研ペンシル・サム
徳用マッチ
ドーナツ
UHFコンバータ
駄菓子屋の提灯
ブラックペニーと郵便番号
学習帳
ヒイラギ
大魔神
高等社会科地図
ホットドッグとアメリカンドッグ
玉羊羹

昭和の生活コラム 総合目次>>
昭和のエッセイ集 トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001