BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
スタンド・バイ・ミー
私は12歳の時の友人に勝る友人を、その後持ったことがない。
---ゴーディ・ラチャンス
▼スタンド・バイ・ミー
THE BODY:スティーブン・キング著
ひみつ基地 〜田んぼの友〜
晩秋。刈り干しの脱穀が終わり、田んぼに藁の束が積み上げられると、近所の子供達が三々五々集まってくる。「ひみつ基地」を作るのだ。

作り方は代々受け継がれている。設計図も現場監督も無しで各々が役割を分担し、作業は滞ることなく黙々と進む。

やがて、エスキモーの家をトンネルで繋いだような代物が出来上がる。日没が早い季節なので、初日は作るだけでお終い。翌日からは漫画やお菓子を持ち込んで、遊びのベースキャンプになる。

基地の中は薄暗く、藁くずで埃っぽい。決して快適とは言えないけれど、居心地が良かった。心理学でいう胎内回帰願望なのかもしれないが、木枯らしが吹いても暖かく実用的だった。

当時、年末に発行される学年誌の新年特大号のグラビアには必ずといって良いほど、北国の「かまくら」が紹介されていた。大雪の降らない地域に住む私には憧れの存在で、藁のひみつ基地で「かまくら」に想いを馳せたものだ。

大人になった今。「 かまくら」は望めば体験出来るが、藁のひみつ基地は分別が邪魔をする。若い時の苦労は買ってでもしろ、という。子供にしか出来ないコトは、あとからお金では買えないのだ。
▼刈り干し
刈り干し


▼目次

教室のテレビ
ハチドリ
スピログラフ
紅茶
石簑
プラッシー
セイタカアワダチソウ
ひみつ基地
肝油ドロップ
あやとり
大晦日の怪獣映画
粉からし
たどん
恐怖まんが
足踏みミシン
土筆
教鞭
冷凍みかんの袋
いげんは饅頭
15パズル
カラスノエンドウ
噴水ジュースと小便小僧
四つ葉のクローバー
ローマ字
灰皿と蚊取り線香
マクワウリ
アイロンの木箱
ラジオ体操
シャービック
老人と子供のポルカ
ミルクセーキの素
自由自在
カルミン
柱時計
粉ふきいも
7up - セブンアップ
プラネタリウム
こたつ
ママと遊ぼう!ピンポンパン
ロイヤルのフルーツケーキ
レコード大賞
タイムカプセル
フタバスズキリュウ
ほうき
ゴルフ
手作りアイスクリーム
フルーツ牛乳
夏休みの友
入道雲とトマト
時報時計
消しゴム
学研ペンシル・サム
徳用マッチ
ドーナツ
UHFコンバータ
駄菓子屋の提灯
ブラックペニーと郵便番号
学習帳
ヒイラギ
大魔神
高等社会科地図
ホットドッグとアメリカンドッグ
玉羊羹

昭和の生活コラム 総合目次>>
昭和のエッセイ集 トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001