BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
スタンド・バイ・ミー
私は12歳の時の友人に勝る友人を、その後持ったことがない。
---ゴーディ・ラチャンス
▼スタンド・バイ・ミー
THE BODY:スティーブン・キング著
柱時計 〜里帰りの友〜
大きなのっぽの古時計〜♪

平井堅のカヴァーのヒットで、『大きな古時計』にはアメリカで作られた原曲が存在することが広く知られるようになった。けれども私達の世代の多くは日本のオリジナルだと信じていたと思う。

訳詞が小学校の教科書で慣れ親しんだ新美南吉の『おじいさんのランプ』の世界を連想させたし、古時計は私の子供時代の生活風景の一部だったからだ。

ウチには振り子時計は無かったが、父母の実家には古い柱時計があった。盆暮れに里帰りした時、慣れない枕に寝付けない夜のチクタクという音が今でも耳の底に残っている。当時は夜が静かだったこともあり、時報に肝を冷やしたものだ。

柱時計は1時間毎に定刻を表す回数と30分おきに1回鐘を鳴らす。なので12時を過ぎると急に静かになり、12時半と1時と1時半は区別がつかないのだった。

物心がついてから小学6年生になるまで、元旦は帰省先で迎えていたので、年に一度は深夜の一点鐘を聞いていたのだが、中学へあがると泊まりがけで帰省することはなくなり、耳にする機会も無くなった。

今、あの時計と同じ物を手に入れたいと思うこともあるけれど、街の時計屋が消えつつある時代、古時計を使い続ける事は日常ではなく趣味になってしまうのだ。


《余談》
原曲のモデルとされる時計は作曲者の子孫の手元に現存する。オリジナルの歌詞に「棚に置くには大きすぎて、床の上に90年間立っていた」とある通り、童話『七匹の子ヤギ』に出てくるような床置きの振り子時計だ。
▼精工舎・柱時計
柱時計

▼大きな古時計/1962
NHK『みんなのうた』
みんなのうた
CD商品情報>>

▼大きな古時計/2001
NHK『平井堅・楽園の彼方に〜アメリカ”大きな古時計”を探して』/2001年8月放映
CD商品情報>>


▼目次

教室のテレビ
ハチドリ
スピログラフ
紅茶
石簑
プラッシー
セイタカアワダチソウ
ひみつ基地
肝油ドロップ
あやとり
大晦日の怪獣映画
粉からし
たどん
恐怖まんが
足踏みミシン
土筆
教鞭
冷凍みかんの袋
いげんは饅頭
15パズル
カラスノエンドウ
噴水ジュースと小便小僧
四つ葉のクローバー
ローマ字
灰皿と蚊取り線香
マクワウリ
アイロンの木箱
ラジオ体操
シャービック
老人と子供のポルカ
ミルクセーキの素
自由自在
カルミン
柱時計
粉ふきいも
7up - セブンアップ
プラネタリウム
こたつ
ママと遊ぼう!ピンポンパン
ロイヤルのフルーツケーキ
レコード大賞
タイムカプセル
フタバスズキリュウ
ほうき
ゴルフ
手作りアイスクリーム
フルーツ牛乳
夏休みの友
入道雲とトマト
時報時計
消しゴム
学研ペンシル・サム
徳用マッチ
ドーナツ
UHFコンバータ
駄菓子屋の提灯
ブラックペニーと郵便番号
学習帳
ヒイラギ
大魔神
高等社会科地図
ホットドッグとアメリカンドッグ
玉羊羹

昭和の生活コラム 総合目次>>
昭和のエッセイ集 トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001