BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
スタンド・バイ・ミー
私は12歳の時の友人に勝る友人を、その後持ったことがない。
---ゴーディ・ラチャンス
▼スタンド・バイ・ミー
THE BODY:スティーブン・キング著
大魔神 〜体育館の友〜
子供時代の年末のイメージとして思い浮かぶものの一つに、映画『大魔神』がある。何故かというと、『大魔神逆襲』のクライマックスが雪の中のシーンで、時代劇なのが年末の定番『忠臣蔵』を連想するからだ。

同世代なら『大魔神』を知らない人は少ないと思うが、私は映画館で観た記憶はなく、三作とも小学校の体育館で見ている。映画鑑賞会という名の行事では、主に東映の『龍の子太郎』や『わんわん忠臣蔵』といった文部省お墨付きの映画と、火事の防ぎ方等の為になる短編がセットだった。

そういう流れの中、 何故『大魔神』なのか皆目見当がつかない。一作目ではキリシタンが迫害されたりして、歴史を学ぶ意味が無いとも言い切れないが、結末は小学生が学ぶには乱暴だ。大魔神は正義の味方とはいえ、暴走が始まると悪人でなくとも、巻き添えで踏み潰されたりするのだ。

これを一年生も一緒に観るんである。今なら大魔神と化した親御さんが「うちの子がPTSDになったらどうする」と怒鳴り込みそうだ。学校での上映が全国的だったのかどうかわからないが、当時の藤子不二夫の『怪物くん』に、大魔神を知ってることが前提の「ハニワくん」が出てくるので、子供達にはポピュラーだったことは確かだ。

さすがに最後に観た三作目の『大魔神逆襲』では、神様も反省されたのか、見境い無く暴れることは控えられたようで、子供が主役のせいもあって、甘口に出来ていた。

映画鑑賞会では、床にゴザ敷いて体育座りで観ていた。今なら、椅子にペットボトル付かも知れない。大魔神が怖いから・・
▼大魔神逆襲
大魔神
DVD商品情報>>

▼悪代官の屋敷を襲う
大魔神
Youtubeで観る>>

▼目次

教室のテレビ
ハチドリ
スピログラフ
紅茶
石簑
プラッシー
セイタカアワダチソウ
ひみつ基地
肝油ドロップ
あやとり
大晦日の怪獣映画
粉からし
たどん
恐怖まんが
足踏みミシン
土筆
教鞭
冷凍みかんの袋
いげんは饅頭
15パズル
カラスノエンドウ
噴水ジュースと小便小僧
四つ葉のクローバー
ローマ字
灰皿と蚊取り線香
マクワウリ
アイロンの木箱
ラジオ体操
シャービック
老人と子供のポルカ
ミルクセーキの素
自由自在
カルミン
柱時計
粉ふきいも
7up - セブンアップ
プラネタリウム
こたつ
ママと遊ぼう!ピンポンパン
ロイヤルのフルーツケーキ
レコード大賞
タイムカプセル
フタバスズキリュウ
ほうき
ゴルフ
手作りアイスクリーム
フルーツ牛乳
夏休みの友
入道雲とトマト
時報時計
消しゴム
学研ペンシル・サム
徳用マッチ
ドーナツ
UHFコンバータ
駄菓子屋の提灯
ブラックペニーと郵便番号
学習帳
ヒイラギ
大魔神
高等社会科地図
ホットドッグとアメリカンドッグ
玉羊羹

昭和の生活コラム 総合目次>>
昭和のエッセイ集 トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001