BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
スタンド・バイ・ミー
私は12歳の時の友人に勝る友人を、その後持ったことがない。
---ゴーディ・ラチャンス
▼スタンド・バイ・ミー
THE BODY:スティーブン・キング著
怪獣映画 〜大晦日の友〜
子供時代の大晦日。午前中は母親の買い物のお供、午後は大掃除や洗車の手伝い。夕食前のひとときはTVで『怪獣映画』を見るのが定番の過ごし方だった。

今なら劇場版『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』が年に数回放映されるが、当時は子供向けの長編映画は年末のこの時間帯だけだったように思う。忙しい大人の視聴率が期待出来ないので子供を狙ったのだろう。

1970年の『大怪獣ガメラ』が私の子供時代の最後の怪獣映画となった。以後、弟の付き合いで見ることはあっても、大晦日の楽しみは洋画劇場やレコード大賞になった。

当時の大晦日はNHKの独壇場で、端から勝負を諦めたかに見えた民放は、各局共通の『ゆく年くる年』を放映していた。 紅白に初めて正面から対抗したのは75年の『輝け!特別生放送!「紅白歌合戦をブッとばせ!」コント55号のなんてことするの』だった。

そんな時代にあって、大晦日の怪獣映画の視聴率は、男の子に限れば紅白を凌いでいたのではないだろうか?
▼大怪獣ガメラ
大怪獣ガメラ
DVD商品情報>>

▼目次

教室のテレビ
ハチドリ
スピログラフ
紅茶
石簑
プラッシー
セイタカアワダチソウ
ひみつ基地
肝油ドロップ
あやとり
大晦日の怪獣映画
粉からし
たどん
恐怖まんが
足踏みミシン
土筆
教鞭
冷凍みかんの袋
いげんは饅頭
15パズル
カラスノエンドウ
噴水ジュースと小便小僧
四つ葉のクローバー
ローマ字
灰皿と蚊取り線香
マクワウリ
アイロンの木箱
ラジオ体操
シャービック
老人と子供のポルカ
ミルクセーキの素
自由自在
カルミン
柱時計
粉ふきいも
7up - セブンアップ
プラネタリウム
こたつ
ママと遊ぼう!ピンポンパン
ロイヤルのフルーツケーキ
レコード大賞
タイムカプセル
フタバスズキリュウ
ほうき
ゴルフ
手作りアイスクリーム
フルーツ牛乳
夏休みの友
入道雲とトマト
時報時計
消しゴム
学研ペンシル・サム
徳用マッチ
ドーナツ
UHFコンバータ
駄菓子屋の提灯
ブラックペニーと郵便番号
学習帳
ヒイラギ
大魔神
高等社会科地図
ホットドッグとアメリカンドッグ
玉羊羹

昭和の生活コラム 総合目次>>
昭和のエッセイ集 トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001