BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
彼氏と彼女の住宅事情 〜70年代 愛の空間史〜
男がいて〜女がいて〜キスが出来るの〜

他には何も要らないのですが、今と違って人前じゃ…って時代でした。 恋する二人の部屋の変遷をタイムトリップしましょう。

Author : Betty
▼男がいて〜
HOW!ワンダフル/倉田まり子
作詞・山上路夫/作曲・都倉俊一
よこはま・たそがれ 時/1971年 場所/ホテル
五木ひろしのデビュー曲。

この曲、歌詞を聞いただけでは、行ってしまった「あの人」が男か女か判らないんですね。 五木ひろしの風貌のせいで、男の側から歌ってるのかと思ってしまいますが、 三番の最後に「もうおしまいね」と言っています。時代を考えると女の歌でしょう。

さて、舞台は横浜、黄昏時のホテルの小部屋。これって、どういうシチュエーションでしょうか?

1)泊まるつもりで夕方にチェックインしてから別れ話になった。
2)デイユースで大人の時間を過ごしたあとで別れた。

しかし、別れ際に女の涙の前で口笛を吹く男って…

《余談》  
ホテルのモデルは、 赤木圭一郎主演の『霧笛が俺を呼んでいる』のロケで使われた横浜の『バンドホテル』(現存しない)という説も。
よこはま・たそがれ
CD商品情報>>

▼五木ひろし
本名:松山数夫
昭和23年3月14日 福井県生れ。
昭和40年 「松山まさる」でデビュー後、「一条英一」、「三谷謙」と改名。
昭和45年「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜く。
昭和46年 「五木ひろし」誕生。

▼よこはま・たそがれ
作詞・山口洋子/作曲・平尾昌晃
▽歌詞を検索する>>


INDEX
71 よこはま・たそがれ
71 また逢う日まで
71 別れの朝
71 さらば恋人
71 初恋の丘
72 旅の宿
72 さよならをするために
72 せんせい
73 コーヒーショップで
73 個人授業
73 あなた
73 ルームライト
74 積木の部屋
74 12月の雨
75 私鉄沿線
75 ルージュの伝言
75 木綿のハンカチーフ
76 想い出ぼろぼろ
77 しあわせ未満
77 勝手にしやがれ
78 宿無し
78 乙女座宮
78 飛んでイスタンブール
78 微笑がえし
78 キャンディ
80 ロッヂで待つクリスマス
79 大阪で生まれた女
79 魅せられて
79 思い出のスクリーン
80 恋
80 TOKIO

昭和歌謡曲目次>>

トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001