BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
彼氏と彼女の住宅事情 〜70年代 愛の空間史〜
男がいて〜女がいて〜キスが出来るの〜

他には何も要らないのですが、今と違って人前じゃ…って時代でした。 恋する二人の部屋の変遷をタイムトリップしましょう。

Author : Betty
▼男がいて〜
HOW!ワンダフル/倉田まり子
作詞・山上路夫/作曲・都倉俊一
別れの朝 時/1971年 場所/郊外の一戸建て
ペドロ&カプリシャスのデビュー曲。

アンノン族が流行語になったこの年、女性は元気にお出かけするようになり、もはや『人形の家』に捨てられる時代ではなくなりました。

男が出て行き女が残る。男は「ちぎれるほど手を振る」のですから、男が捨てられたようです。

さて、舞台は郊外。 欧風の瀟洒な一戸建てといったところでしょうか。 白いドアがお洒落です。

「駅につづく小径」が私鉄沿線のニュータウンを思わせますが、「汽車は出て行き」と言ってるので電化されてないようです。リゾート地の別荘かもしれません。

でも、日本とは限らないんですね。あとでジョニィへ伝言してますから。


《余談》  
ウド・ユルゲンスの「夕映えの二人」が原曲。 「別れの朝」はカヴァー。 夕方が朝に、コーヒーが紅茶に。
別れの朝
CD商品情報>>

▼別れの朝
訳詞・なかにし礼/作曲・ Udo Jurgens
▽歌詞を検索する>>

▼多摩ニュータウン
3月26日、第1次入居が始まる。

▼欧風
この年、明治製菓の『チェルシー』発売 。
ペドロ&カプリシャスは75年のCMソングを歌っている。

CD商品情報>>

INDEX
71 よこはま・たそがれ
71 また逢う日まで
71 別れの朝
71 さらば恋人
71 初恋の丘
72 旅の宿
72 さよならをするために
72 せんせい
73 コーヒーショップで
73 個人授業
73 あなた
73 ルームライト
74 積木の部屋
74 12月の雨
75 私鉄沿線
75 ルージュの伝言
75 木綿のハンカチーフ
76 想い出ぼろぼろ
77 しあわせ未満
77 勝手にしやがれ
78 宿無し
78 乙女座宮
78 飛んでイスタンブール
78 微笑がえし
78 キャンディ
80 ロッヂで待つクリスマス
79 大阪で生まれた女
79 魅せられて
79 思い出のスクリーン
80 恋
80 TOKIO

昭和歌謡曲目次>>

トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001