BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
彼氏と彼女の住宅事情 〜70年代 愛の空間史〜
男がいて〜女がいて〜キスが出来るの〜

他には何も要らないのですが、今と違って人前じゃ…って時代でした。 恋する二人の部屋の変遷をタイムトリップしましょう。

Author : Betty
▼男がいて〜
HOW!ワンダフル/倉田まり子
作詞・山上路夫/作曲・都倉俊一
積木の部屋: 時/1974年 場所/都会のアパート
日本レコード大賞・歌唱賞、東京音楽祭・銀賞、FNS歌謡祭・最優秀歌唱賞日本歌謡大賞・特別賞など数多くのタイトルに輝く。

「君に出来ることはボタン付けと掃除」 というのは何も出来ないと言っているのに近いのですが、時代はウーマンリブ運動全盛期。巧みな言い回しです。まぁ、若い二人は「おたがいのぬくもり」しか必要としないわけですが。

さて、舞台は同棲ソングの定番、うらぶれたアパートの「西日だけが入るせまい部屋」。

「いつの間にか〜はじめていた」とありますが、2番で「〜部屋をさがした頃」といってます。一緒に捜していたのですね。

「リンゴ囓りながら語り明したよね」。 歯茎から血はでなかったのでしょうか?


《余談》
歌詞の内容からすると、歌い手は二十歳前後に思えますが、布施明はすでにベテランの域に達していました。
積木の部屋
積木の部屋CD情報>>

▼積木の部屋
作詞・有馬三恵子/作曲・川口真

▼布施明
65「君に涙とほほえみを」でキングレコードよりデビュー。
65ドラマ「青春とはなんだ」の主題歌を歌唱。
66ドラマ「これが青春だ」を歌唱。
66「霧の摩周湖」大ヒット。
67「でっかい青春」を歌唱。
69 「S・Hは恋のイニシャル」でドラマ初出演・初主演。

▼ウーマンリブ
1970年11月14日、東京・渋谷で日本初のウーマンリブの大会が開催された

INDEX
71 よこはま・たそがれ
71 また逢う日まで
71 別れの朝
71 さらば恋人
71 初恋の丘
72 旅の宿
72 さよならをするために
72 せんせい
73 コーヒーショップで
73 個人授業
73 あなた
73 ルームライト
74 積木の部屋
74 12月の雨
75 私鉄沿線
75 ルージュの伝言
75 木綿のハンカチーフ
76 想い出ぼろぼろ
77 しあわせ未満
77 勝手にしやがれ
78 宿無し
78 乙女座宮
78 飛んでイスタンブール
78 微笑がえし
78 キャンディ
80 ロッヂで待つクリスマス
79 大阪で生まれた女
79 魅せられて
79 思い出のスクリーン
80 恋
80 TOKIO

昭和歌謡曲目次>>

トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001