BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
彼氏と彼女の住宅事情 〜70年代 愛の空間史〜
男がいて〜女がいて〜キスが出来るの〜

他には何も要らないのですが、今と違って人前じゃ…って時代でした。 恋する二人の部屋の変遷をタイムトリップしましょう。

Author : Betty
▼男がいて〜
HOW!ワンダフル/倉田まり子
作詞・山上路夫/作曲・都倉俊一
私鉄沿線: 時/1975年 場所/私鉄沿線
日本歌謡大賞・放送音楽賞、日本レコード大賞・歌唱賞受賞。 「甘い生活」に続く野口五郎のヒット曲。

「部屋をたずねてきては いつも掃除をしてた君」は布施明にも愛されていましたから、当時、掃除の上手な女性は引く手あまただったのかも。

さて、舞台は私鉄沿線。

以前「甘い生活」を過ごした「町」は「もう二度と来ないだろ」と言っていますが、今回は「ぼくの街」と呼んで気に入ってるようです。「越せないまま 君の帰りを待ってます」。

国鉄沿線の「町」でなくて、私鉄沿線の「街」なところがポイントでしょうか? しかし、またしても破局を迎えた五郎。使い回しの「モーニングカップ」の素性がばれたのでは。


《余談》
1967年に、TV『ちびっこのど自慢』で荒木一郎の「今夜は踊ろう」を歌って優勝。71年のデビュー曲は路線の違う『博多みれん』。個人的には、『私鉄沿線』の曲調はカーペンターズの『スーパースター』を髣髴とさせます。

CD商品情報>>

▼私鉄沿線
作詞・山上路夫/作曲・佐藤寛

▼甘い生活
作詞・山上路夫/作曲・筒美京平

▼野口五郎
1956年2月23日生まれ。岐阜県美濃市出身。

INDEX
71 よこはま・たそがれ
71 また逢う日まで
71 別れの朝
71 さらば恋人
71 初恋の丘
72 旅の宿
72 さよならをするために
72 せんせい
73 コーヒーショップで
73 個人授業
73 あなた
73 ルームライト
74 積木の部屋
74 12月の雨
75 私鉄沿線
75 ルージュの伝言
75 木綿のハンカチーフ
76 想い出ぼろぼろ
77 しあわせ未満
77 勝手にしやがれ
78 宿無し
78 乙女座宮
78 飛んでイスタンブール
78 微笑がえし
78 キャンディ
80 ロッヂで待つクリスマス
79 大阪で生まれた女
79 魅せられて
79 思い出のスクリーン
80 恋
80 TOKIO

昭和歌謡曲目次>>

トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001