BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
彼氏と彼女の住宅事情 〜70年代 愛の空間史〜
男がいて〜女がいて〜キスが出来るの〜

他には何も要らないのですが、今と違って人前じゃ…って時代でした。 恋する二人の部屋の変遷をタイムトリップしましょう。

Author : Betty
▼男がいて〜
HOW!ワンダフル/倉田まり子
作詞・山上路夫/作曲・都倉俊一
また逢う日まで : 時/1971年 場所/アパート
日本レコード大賞と日本歌謡大賞のダブル受賞に輝いたヒット曲 。

時代は同棲時代。 でも、この歌には暗さがありません。円満別離とでもいいましょうか、二人仲良く愛の巣を後にする。妙にドライな片岡義男の世界。 2番で「また逢う日」のことまで心配しています。

さて、舞台はおそらく都会のアパート。

二人でドアを閉めますから、片方の部屋に転がり込む、同棲とは違っていそうです。 家財道具の置いてない情事の為の部屋だったのでしょうか? でも表札出してるし…

二人で消した名前、簡単に消えたのでしょうか?マジックインキで書いてあったりして? ごしごし消す姿はロマンチックじゃありませんね。

《余談》
新人ながらレコード大賞! 実は尾崎は新人歌手ではなく、コーラスグループ「ザ・ワンダース」に在籍。 別名「ジ・エコーズ」で「みすず児童合唱団」と共演した「ウルトラ・セブン」が特に有名。 セブン〜セブン〜セブン〜セブン〜の3番目が尾崎。

また逢う日までCD情報>>

▼また逢う日まで
作詞・阿久悠/作曲・筒美京平

ズーニーヴーの歌った「ひとりの悲しみ」が元曲。
ヒットしなかったがいい曲なので、歌詞を変えてリリースした。

▼片岡義男の世界
アルコールが顔に出ない女性に
男「まるで素顔のようだ」
女 「外にでないのよ。なかが、酔うの」

INDEX
71 よこはま・たそがれ
71 また逢う日まで
71 別れの朝
71 さらば恋人
71 初恋の丘
72 旅の宿
72 さよならをするために
72 せんせい
73 コーヒーショップで
73 個人授業
73 あなた
73 ルームライト
74 積木の部屋
74 12月の雨
75 私鉄沿線
75 ルージュの伝言
75 木綿のハンカチーフ
76 想い出ぼろぼろ
77 しあわせ未満
77 勝手にしやがれ
78 宿無し
78 乙女座宮
78 飛んでイスタンブール
78 微笑がえし
78 キャンディ
80 ロッヂで待つクリスマス
79 大阪で生まれた女
79 魅せられて
79 思い出のスクリーン
80 恋
80 TOKIO

昭和歌謡曲目次>>

トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001