BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
忘れモノ 〜歌の古道具〜
そのへんの記憶がどうも定かじゃないのよね♪

Author : Betty
▼忘れ物
作詞・森高千里/作曲・斉藤英夫
梅ヶ枝餅:飛梅/1977
さだまさしのセカンドアルバム『風見鶏』に収録。

心字池にかかる 三つの赤い橋は〜♪

舞台は福岡県の太宰府天満宮です。子供時代の大半を福岡で過ごした私には馴染み深い場所で、この曲を聴くと情景が鮮明に思い浮かびます。

曲名の『飛梅』は天満宮の境内にある菅原道真公ゆかりの梅の古木で、一月に開花します。なので、歌詞の季節は春ですが、新春にこの曲を思い出します。

君は御籤を引いて大吉が出る迄と も一度引き直したね♪

太宰府天満宮のおみくじは「凶」も出ますが、「大吉」にはこの曲のテーマとなった道真公の「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ」が書いてあります。

君がひとつ僕が半分 梅ヶ枝餅を食べた♪

ディテールのリアリティがこの曲の持ち味ですが、片想いのリアリティはこのフレーズに一番良くあらわれていると思います。想う側は胸がいっぱいで食欲はありませんものね。

あと半分の行方は?という話題を良く耳にしますが、地元民には自明の疑問です。歌詞に「裏庭を抜けてお石の茶屋へ寄って」とあるように、梅が枝餅はテイクアウトだけでなくイートインもあるのです。正解は「お皿に半分残した」でしょう。

東風吹かば君は 何処かで想いおこしてくれるだろうか♪

私が思い出すのは「花より団子」の梅が枝餅です。
▼飛梅/風見鶏

作詞・さだまさし/作曲・さだまさし
歌詞検索>>  CD商品情報>>

▼梅ヶ枝餅

商品情報>>


▼歌の古道具・目次
68 はしれちょうとっきゅう
68 ケメ子の歌
71 虹と雪のバラード
72 バス・ストップ
72 虹をわたって
73 恋のダイヤル6700
73 ふるさと
73 母に捧げるバラード
73 恋文
74 恋のインディアン人形
74 愛の迷い子
75 「いちご白書」をもう一度
75 ロマンス
75 前略おふくろ
75 北の宿から
75 スモーキン・ブギ
76 ギンザレッド・ウィウィ
77 飛梅
77 マイピュアレディ
77 あずさ2号
78 かもめが翔んだ日
78 プレイバックPart2
78 君のひとみは10000ボルト
78 シンデレラ・ハネムーン
79 アメリカン・フィーリング
79 Wake Up
79 愛の水中花
80 恋のバッド・チューニング
80 青い珊瑚礁
80 道化師のソネット
81 E気持
81 春咲小紅
81 フライディ・チャイナタウン
81 ルビーの指環
84 ハートのイアリング

▼昭和歌謡曲エッセイ
エッセイ・昭和花謡図鑑
エッセイ・歌のお姉さま図鑑
エッセイ・彼氏と彼女の住宅事情

▼総合目次
昭和のエッセイ集・トップページ
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001