BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
忘れモノ 〜歌の古道具〜
そのへんの記憶がどうも定かじゃないのよね♪

Author : Betty
▼忘れ物
作詞・森高千里/作曲・斉藤英夫
ロマンスシート:ロマンス/1975
岩崎宏美の『二重唱(デュエット)』に続くセカンドシングル。

あなたお願いよ 席を立たないで〜♪

さて、二人はどこに座っているのでしょうか? 「息がかかるほど側に」座るのなら、向かい合わせのレストランではありませんね。映画館か列車の横並びのシートでしょう。

そう、昔は二人掛けの椅子をロマンスシートと呼んでいました。ロマンスシートが流行語になったのは1948年で、『ロマンス』がリリースされた頃にはロマンスという言葉自体が死語になりかけていました。

何故、流行遅れの歌詞を岩崎宏美が歌うのかと言えば、作詞の阿久悠の青春がロマンスシートの時代だったからでしょう。当時の若者にはマイカーも無く、デートで二人きりになれる空間は同伴喫茶、映画館、そして列車のロマンスシートくらいだったと思います。

小田急電鉄の『ロマンスカー』が生まれたのは1957年。阿久悠の学生時代です。当時の箱根や江ノ島にはロマンスの香りがあったのでしょう。今の恋人達は人目をはばかることなく、「どこでもロマンスシート」状態ですけど・・


《余談》
81年の大橋純子の『シルエット・ロマンス』は、米・シルエット社のロマン小説『シルエット・ロマンス』のタイアップキャンペーンソング。81年当時はサンリオ出版が日本での版権を持っていた。現在はハーレクイン社のシリーズの一つとしてラインナップされている。
▼ロマンス

作詞・阿久悠/作曲・筒美京平
歌詞を検索する>> CD商品情報>>

▼歌の古道具・目次
68 はしれちょうとっきゅう
68 ケメ子の歌
71 虹と雪のバラード
72 バス・ストップ
72 虹をわたって
73 恋のダイヤル6700
73 ふるさと
73 母に捧げるバラード
73 恋文
74 恋のインディアン人形
74 愛の迷い子
75 「いちご白書」をもう一度
75 ロマンス
75 前略おふくろ
75 北の宿から
75 スモーキン・ブギ
76 ギンザレッド・ウィウィ
77 飛梅
77 マイピュアレディ
77 あずさ2号
78 かもめが翔んだ日
78 プレイバックPart2
78 君のひとみは10000ボルト
78 シンデレラ・ハネムーン
79 アメリカン・フィーリング
79 Wake Up
79 愛の水中花
80 恋のバッド・チューニング
80 青い珊瑚礁
80 道化師のソネット
81 E気持
81 春咲小紅
81 フライディ・チャイナタウン
81 ルビーの指環
84 ハートのイアリング

▼昭和歌謡曲エッセイ
エッセイ・昭和花謡図鑑
エッセイ・歌のお姉さま図鑑
エッセイ・彼氏と彼女の住宅事情

▼総合目次
昭和のエッセイ集・トップページ
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001