BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
Oh!  〜昭和40年代 歌のお姉さま図鑑〜
最初は好きだと思わなかった♪ 小学生の頃、十も年上のお姉さんはオバサン。いけないことだと言われていたの♪ティーンエイジャーの頃、 十も年上のお姉さんはとうの立った存在だった。

あの頃のお姉さんの年齢を遙かに超えた今、漸くその魅力に気がついたのである。 二度が三度にたび重なって好きになったのあなたのことを♪

▼ 『ポケットパンチOh! 』
oh
恋の季節: ピンキー(今陽子)/1968年
1967年に『甘ったれたいの』でデビューした【今陽子】。

68年にボサノバ・グループ“ピンキーとキラーズ”として『恋の季節』でデビュー。 オリコンで*17週間1位のミリオンセラーとなり、日本レコード大賞新人賞を受賞した。(*途中一週だけ『今は幸せかい・佐川満男』に抜かれた)

夜明けのコーヒーふたりで飲もうと♪

清純派の新人歌手に意味深な歌詞を歌わせる。今では新鮮さが無くなってしまったが、ピンキーはそのハシリだったように思う。当時の小学生は意味もわからずに歌っていたのだが。

青空にとび出せピンキーの歌はこの曲を含めて数曲しか記憶にない。それでもピンキーを忘れないのはアイドル番組の草分け『青空にとび出せ!』のせいだろう。この番組はTBS系・日曜夜7時30分という、同世代には忘れられない番組枠で放映された。

午後7時から始まる*タケダアワーに続いて、7時30分から始まる不二家提供の番組で、この枠初のカラー放送だった。(*資料:タケダアワーと不二家の時間>>

アパートを立ち退くことになったピンキーとキラーズは、独立国を作る為に資金を稼ぎながらピンキングカー(キャンピングカー)で全国を巡り、 行く先々で歌を歌う。番組はヒットしたが、ピンキーとキラーズは続くヒットの出ないまま71年に解散した。

ピンキーは今陽子としてソロ活動を始めたが、ボクにとってはピンキーと今陽子は別人だ。 ピンキーは青空にとび出したまま、帰って来ることはなかった。

忘れられないの あの人が好きよ♪

CD商品情報>>

▼恋の季節
作詞・岩谷時子/作曲・いずみたく/唄・ピンキーとキラーズ
▽歌詞を検索する>>

▼今陽子
本名・今津陽子 昭和26年(1951年)11月1日生まれ、愛知県出身。
昭和42年、ビクターレコードよりデビュー。

▼キラーズ
ジョージ浜野、エンディ山口、ルイス高野、パンチョ加賀美。

▼青空にとび出せ!
昭和44年4月〜44年9月
提供:不二家
ピンキーとキラーズ主演の青春コメディドラマ。
主題歌CD情報>>



INDEX
山本リンダ
じゅんとネネ
黛ジュン
ピンキー(今陽子)
奥村チヨ
しばたはつみ
ちあきなおみ
辺見マリ
平山三紀
大信田礼子
欧陽菲菲
朱里エイコ

昭和歌謡曲目次>>
昭和のエッセイ集>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001