BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
Oh!  〜昭和40年代 歌のお姉さま図鑑〜
最初は好きだと思わなかった♪ 小学生の頃、十も年上のお姉さんはオバサン。いけないことだと言われていたの♪ティーンエイジャーの頃、 十も年上のお姉さんはとうの立った存在だった。

あの頃のお姉さんの年齢を遙かに超えた今、漸くその魅力に気がついたのである。 二度が三度にたび重なって好きになったのあなたのことを♪
▼ 『ポケットパンチOh! 』
oh
大信田礼子: ノックは無用/1971年
『10代の女王世界コンテスト』優勝を機に1967年に芸能界入りした【大信田礼子】。

『ノックは無用』は『女はそれを我慢できない』に続くヒット曲。

今でこそ飯島愛がお昼のバラエティのホステスを務め、インリンが華を添えたりするが、当時は大信田礼子のお色気でお茶の間が気まずくなったものだ。

ノックといえば、当時政界進出(昭和43年参議院選挙全国区)を果たした横山ノックを思い浮かべる。新聞や雑誌の記者はいつか『ノックは無用』のフレーズを使ってやろうと思ったに違いない。

数年前に事実となったわけだが、事件の内容がおあつらえ向きで、この曲が大信田礼子の太股と共に思い浮かんだ。

ん〜 ノックは むよ〜おンッ♪


大信田礼子 ▼大信田礼子写真集・ラスパルマスの風
書籍情報>>








《大信田礼子・資料》
▼EP(シングル・アナログ盤)
「女の学校/あなたの女」(1970年8月)
「女はそれをがまんできない/それがどうした」(1971年5月)
「ノックは無用/かんこんロック」(1971年11月)
「何がどうしてこうなった/あなたにおまかせ」(1972年5月)
「嵐を呼ぶ女/あの愛をもう一度」(1972年10月21日)
「同棲時代/今日子と次郎」(1973年2月21日)
「愛のくらし−同棲時代/夏の日」(1973年7月1日)
▼LP(アルバム・アナログ盤)
「女はそれをがまんできない/ノックは無用」(1971年12月)
「大信田礼子セカンド・アルバム - MORE ABOUT REIKO OSHIDA -」(1972年8月)
「同棲時代 - LOVES SWEET ERRORS -」(1973年4月21日)
「愛のくらし−同棲時代 - 今日子と次郎のゆくえ-」(1973年9月21日)
大信田礼子
CD商品情報>>

▼ノックは無用 作詞・阿久悠/作曲・鈴木邦彦/唄・鈴木邦彦
▽歌詞を検索する>>

▼大信田礼子
本名・大信田礼子
昭和23年9月15日生まれ、 京都出身。 164cm/50kg/88-56-87(現在)

▼大信田礼子の主演映画
ずべ公シリーズ
ずべ公番長・東京流れ者DVD情報>>


INDEX
山本リンダ
じゅんとネネ
黛ジュン
ピンキー(今陽子)
奥村チヨ
しばたはつみ
ちあきなおみ
辺見マリ
平山三紀
大信田礼子
欧陽菲菲
朱里エイコ

昭和歌謡曲目次>>
昭和のエッセイ集>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001