BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
Oh!  〜昭和40年代 歌のお姉さま図鑑〜
最初は好きだと思わなかった♪ 小学生の頃、十も年上のお姉さんはオバサン。いけないことだと言われていたの♪ティーンエイジャーの頃、 十も年上のお姉さんはとうの立った存在だった。

あの頃のお姉さんの年齢を遙かに超えた今、漸くその魅力に気がついたのである。 二度が三度にたび重なって好きになったのあなたのことを♪
▼ 『ポケットパンチOh! 』
oh
天使の誘惑: 黛ジュン/1968年
1967年、『恋のハレルヤ』でデビューした【黛ジュン】 。

16才の時に本名でコニー・フランシスをカバーしてデビューしている。黛ジュンになってからは、『霧のかなたに』、『乙女の祈り』と続けてヒット。4作目の『天使の誘惑』でレコード大賞を獲得した。

当時の流行でアイメイクが濃いものの、少々太めのルックスは健康的で、超ミニのワンピースを着てても色気は感じなかった。『恋の奴隷』や『小指の思い出』と違って、彼女の歌は小学生が歌っても許される雰囲気があった。

当時小学生だったボクの周りでは、こんな替え歌が流行っていた。題して『ブー月』。

おしえて欲しいのオナラのわけを 出るもののすべてが黄色くみえるの♪ 

小学生にも親しみ易かったということか。彼女のお陰で「黛」と言う漢字を読めるようになったご同輩も少なくないだろう。

さて、『天使の誘惑』。 当時の私には天使には見えなかったが、

今ここにあの人がいたら 陽にやけた胸に飛び込むでしょう♪

天使の誘惑CD情報>>

▼天使の誘惑
作詞・なかにし礼/作曲・鈴木邦彦/唄・黛ジュン
▽歌詞を検索する>>

▼黛ジュン
本名・渡辺順子 昭和23年(1948年)5月26日生まれ、東京都出身。
昭和42年2月15日、東芝キャピタルレコード「恋のハレルヤ」でデビュー。
昭和42年第5回ゴールデンアロー新人賞。

▼夕月
作詞・なかにし礼/作曲・三木たかし/唄・黛ジュン


INDEX
山本リンダ
じゅんとネネ
黛ジュン
ピンキー(今陽子)
奥村チヨ
しばたはつみ
ちあきなおみ
辺見マリ
平山三紀
大信田礼子
欧陽菲菲
朱里エイコ

昭和歌謡曲目次>>
昭和のエッセイ集>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001