BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
花のような君が好き
「花が女か?男が蝶か?」

かつて森進一が投げかけた命題に、森山加代子が「あなたに抱かれて私は蝶になる」と反論を唱えれば、 郷ひろみは「僕たち二人は春咲く花とみつばちさ」と混ぜっ返した。

迷宮入りかと思われたが、自ら宣言する者が現れた。 「この花は私です」と桜田淳子が、「誰のために咲いたのそれはあなたのためよ」と伊藤咲子が唄った。

これに太鼓判を押した者がいた。「花のような君が好き。」あいざき進也である。 昭和40年代最後の年であった。

これは、歌謡曲に咲いた昭和50年代の女=花の図鑑である。

Author : Betty
▼花のような君が好き
愛の誕生日/あいざき進也
作詞・岡田冨美子/作曲・すぎやまこういち

▼みつばち
働き蜂は♀

▼この花は私です
花物語/桜田淳子
作詞・阿久悠/作曲・中村泰士

▼誰のために咲いたの
ひまわり娘/伊藤咲子
作詞・阿久悠/作曲・シュキ・レヴィ
シクラメンのかほり 1975
日本レコード大賞受賞曲。

この曲のお陰でシクラメンは冬を代表する花になりました。花期は長く10月〜4月までほぼ半年間楽しむ事が出来ます。

真綿色・出逢いの時〜 薄紅色・恋する時〜薄紫・後ろ姿。季節が過ぎてゆく間、咲いているわけです。

リリースされた当時、「かほり」という日本語はない、「薄紅色のシクラメン」は存在しないと話題になった記憶があります。 香り付きのシクラメンが誕生したのは最近のことです。

では、なぜ「かほり」でなくてはいけなかったのでしょう? 小椋佳の奥さんの名前が「佳穂里」だったからという理由だそうです。

「疲れを知らない子供のように時が二人を追い越してゆく」
「呼び戻すことができ」なかった布施明は、薔薇より美しいオリビア・ハッセイと結ばれました。


▼シクラメンのかほり
作詞・小椋佳/作曲・小椋佳/ 唄・布施明
歌詞を検索する>> CD商品情報>>

小椋佳はこの曲の歌詞を気に入っておらず、レコード大賞授賞式には姿をみせませんでした。



▼シクラメン

学名:Cyclamen persicum
和名:カガリビバナ(篝火花)
英名:cyclamen
別名:ブタノマンジュウ(豚の饅頭)
分類:サクラソウ科、シクラメン属
性状:多年草/原産地:中近東、東地中海地方
花期:10月〜4月
花言葉:はにかみ・内気・嫉妬・遠慮・切ない私の愛を受けでください・疑惑

▼君は薔薇より美しい
作詞・門谷憲二/作曲・ミッキー吉野/ 唄・布施明

▼花のような君が好き・目次
75 シクラメンのかほり
77 秋桜
78 狼なんか怖くない
78 オリビアを聴きながら
78 夢想花
78 夢一夜
79 君は薔薇より美しい
79 風信子どこへ
79 曼珠沙華
79 陽はまた昇る
80 青い珊瑚礁
80 いまのキミはピカピカに光って
80 不思議なピーチパイ
81 すみれ色の涙
81 守ってあげたい
81 君は天然色
81 すみれSeptemberLove
83 め組のひと
84 Rock'n Rouge
84 ヤマトナデシコ七変化
▽番外編
71 瀬戸の花嫁
72 ひなげしの花
73 色づく街
74 三色すみれ

エッセイ・歌のお姉さま図鑑へ>>
エッセイ・彼氏と彼女の住宅事情へ>>

昭和のエッセイ集・トップページへ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001