BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
花のような君が好き
「花が女か?男が蝶か?」
これは歌謡曲に咲いた昭和50年代の女=花の図鑑である。

Author : Betty
▼花のような君が好き
愛の誕生日/あいざき進也
作詞・岡田冨美子/作曲・すぎやまこういち
め組のひと 1983
昭和58年の『資生堂夏のキャンペーン・ソング』。

黒人コーラス・グループ『プラターズ』を思わせるスタイルで登場した『シャネルズ』が、昭和55年に『ラッツ& スター』として再出発後初のシングル。ヒット・チャート1位を独占しました。

「いなせだね 夏をつれてきた女」

化粧品の夏のキャンペーン商品は通常、ファンデーションですが、『め組のひと』は、いなせな江戸の火消し「め」組に、アイ(目)メークがひっかけてありました。

モデルは前年の「ナツダカラ、コウナッタ」に続いてトリー・メンドーザでしたが、私個人の資生堂夏女のイメージは『燃えろいい女』の小野みゆきです。

「小粋だね 髪に飾った花も」

夏に髪に飾るといえばハイビスカス。私より上の世代だと日野てる子か渚ゆうこが思い浮かぶでしょうが、小野みゆきは大輪のハイビスカスそのものイメージでした。赤いハイビスカスの花言葉は《新しい恋、勇敢》。

ラッツ& スターは、86年にリーダーの鈴木が独立して解散。96年に再結成して「夢で逢えたら」をカヴァーしました。その後は・・・「めッ!」


《余談》
『シャネルズ』から『ラッツ・アンド・スター』への改称はファッション・ブランド『シャネル』から抗議を受けた為。"Rats & Star"は逆さまにしても"Rats & Star"。


▼め組のひと
作詞・麻生麗二/作曲・井上大輔
唄・ラッツ& スター
歌詞を検索する>> CD商品情報>>
▼ハイビスカス

学名:Hibiscus hybridus
和名:ブッソウゲ(仏桑華)
分類:アオイ科ハイビスカス属
性状:常緑低木/原産:園芸種
花期:夏
花言葉:新しい恋・勇敢

▼花のような君が好き・目次
75 シクラメンのかほり
77 秋桜
78 狼なんか怖くない
78 オリビアを聴きながら
78 夢想花
78 夢一夜
79 君は薔薇より美しい
79 風信子どこへ
79 曼珠沙華
79 陽はまた昇る
80 青い珊瑚礁
80 いまのキミはピカピカに光って
80 不思議なピーチパイ
81 すみれ色の涙
81 守ってあげたい
81 君は天然色
81 すみれSeptemberLove
83 め組のひと
84 Rock'n Rouge
84 ヤマトナデシコ七変化
▽番外編
71 瀬戸の花嫁
72 ひなげしの花
73 色づく街
74 三色すみれ

エッセイ・歌のお姉さま図鑑へ>>
エッセイ・彼氏と彼女の住宅事情へ>>

昭和のエッセイ集・トップページへ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001