BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
スクリーンにチェリオ!
1970年代の映画鑑賞記。
当時の映画館でよく飲んだのはチェリオ(乾杯の意)だった。
記事は公開時の記憶を元に書いたものです。

使用した画像はアマゾンアソシエイトプログラムの掲載許諾を受けています。 配布や再掲載は禁止されています。
追憶 | 1974年11月鑑賞
第2次世界大戦をはさんでおよそ20年。アメリカ社会と男女の時の流れを重ねて描いた大人のラブストーリー。同時上映はアラン・ドロン&ジャン・ギャバンの『暗黒街のふたり』。

【あらすじ】
1937年。大学のキャンパスで出会った、政治活動に熱中するケイティ(バーブラ・ストライサンド)と関心のないハベル(ロバート・レッドフォード)。 二人は大学卒業後、第2次世界大戦中のニューヨークで偶然に再会し、結婚する。

やがてハベルは映画脚本家となり、二人はハリウッドで暮らすことになるが、平穏な日々は続かず、50年代の赤狩りの中、互いの生き方の違いが・・

当時、16歳だった私は淡々と進む中盤に眠くなってしまった・・ケイティは美人じゃないし嫌な女、ハベルは好みじゃないし・・子供には深いところが味わえない映画だった。が、この歳になって思い出すとジ〜ンと来る。

ラストは素晴らしく、『追憶』はこのシーンの為にあるともいえる。時を経て、偶然再会するケイティとハベル。相変わらず街頭でビラを配るケイティに「結婚しているのか?」と尋ねるハベル。「ええ、そうよ」と答えるケイティ。

昔とかわらない彼女流の虚勢であったろう。故に、二人の道は交わることはなかった。これまでも4そうであったように。

流れる主題歌は今やスタンダードナンバーとなった名曲。音楽担当のマーヴィン・ハムリッシュは、『追憶』で主題歌賞と劇映画作曲賞、『スティング』で編曲賞のオスカーを獲得。アカデミー賞の音楽部門では唯一の三冠王。

原題は“The Way We Were”。これが二人の生きた道・・パフィーかい?。正しく内容を伝えているがミもフタも無い。『追憶』は名訳だと思う。おかげで沢田研二の曲も生まれたし。


《余談》
主題歌は日本語カバーもあったと思うが、歌手を思い出せない。

今 心の中を よぎる水色の 思い出よ
微笑む 幸せそうな 写真も破いて 捨てましょう
こんな 別れは二人の 若さのせいかしら
出直し できるのかしら 教えて なぜなの

当時、バーブラ・ストライサンドを見て京唄子だ!と思ったが、今は田中真紀子だと思う。
追憶
DVD商品情報>>


▼The Way We Were/1973
監督:シドニー・ポラック
出演:バーブラ・ストライサンド、ロバート・レッドフォード

▼劇場公開映画・目次
73 ウエストワールド
73 スコルピオ
74 燃えよドラゴン
74 スティング
74 帰ってきたドラゴン
74 ドラゴン危機一発
74 エクソシスト
74 ダラスの熱い日
74 小さな恋のメロディ  再映
74 ペイネ愛の世界旅行
74 ペーパームーン
74 イルカの日
74 追憶
74 暗黒街のふたり
74 大地震
74 ドラゴン怒りの鉄拳
74 ドラゴン世界を征く
74 電撃ストーナー
74 エマニエル夫人
74 個人生活
74 空手アマゾネス
75 破れ太鼓  再映
75 グリーン・ホーネット
75 ザッツ・エンタテインメント
75 アメリカン・グラフィティ
75 タワーリング・インフェルノ
75 七人の侍 再
75 デルス・ウザーラ
75 ドラゴンへの道
75 ドーベルマン・ギャング2
75 若い貴族達 13階段のマキ
75 アラン・ドロンのゾロ
76 ハリーとトント
76 ヤングフランケンシュタイン
76 風と共に去りぬ 再
77 がんばれ!ベアーズ
77 ダウンタウン物語
77 人間の証明
77 エデンの東(再)
77 サイレント・ムービー
77 幸福の黄色いハンカチ
78 自転車泥棒
78 死亡遊戯
78 男はつらいよ・噂の寅次郎

▽テレビ放映・目次
70 喜劇・男は愛嬌
71 大脱走
72 ボクいかれたヨ!
72 80日間世界一周
73 激突!
73 死刑台のエレベーター
74 タイタンの逆襲
75 猿の惑星
76 サウンドオブミュージック

70年代の映画メモ - Youtube動画
70年代の映画メモ - INDEX

昭和のエッセイ集・トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001