BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
スクリーンにチェリオ!
1970年代の映画鑑賞記。
当時の映画館でよく飲んだのはチェリオ(乾杯の意)だった。
記事は公開時の記憶を元に書いたものです。

使用した画像はアマゾンアソシエイトプログラムの掲載許諾を受けています。 配布や再掲載は禁止されています。
男はつらいよ 噂の寅次郎 | 1978年
1979年のお正月映画。同時上映は『俺は上野のプレスリー』。

【あらすじ】
旅先で人生の儚さに思い至った寅次郎は、久しぶりに立ち寄った「とらや」で受け売りを一席ぶちあげ、修行の旅に出かけようとする出端、手伝いに来ていた早苗(大原麗子)を見るや・・

今まで見たお正月映画の中でベストワンはと聞かれたら、迷わずこの作品をあげる。理由は内容ではなく、映画館の大スクリーンに映し出されるタイトルバックがあまりにおめでたいからだ。松と竹に富士山。日本人の心の琴線をかき鳴らす。

『男はつらいよ』を映画館で観たのは一度しかない。映画館へ良く足を運んでいたティーンエイジャー時代は洋画ファンだったので、邦画にまで予算が回らなかったからだ。

年末に、母親が買い物をしている間、父親と私と弟で映画でも観るかという事になり、好みがぶつからない『男はつらいよ』を選んだ。そのメンバーで映画を観たのもこの時だけだ。

地方都市としては大きな商店街の映画館はほぼ満席で、人気があるとは知っていたものの、師走の昼間にそんなに客がいるとは思ってなかったが、幕が上がると理由はわかる気がした。日本人の正しい正月の過ごし方に思えたからだ。

図らずも寅さんの全盛期にベストのシチュエーションで観ることが出来たのだった。今、その商店街は郊外の大型ショッピングモールに客を奪われ、6館あった映画館は無くなってしまった。



噂の寅次郎
DVD商品情報>>

▼男はつらいよ 噂の寅次郎/1978
監督:山田洋次
出演:
渥美清、倍賞千恵子、 大原麗子、下絛正巳、
三崎千恵子

▼松竹映画のロゴマーク
松竹

▼劇場公開映画・目次
73 ウエストワールド
73 スコルピオ
74 燃えよドラゴン
74 スティング
74 帰ってきたドラゴン
74 ドラゴン危機一発
74 エクソシスト
74 ダラスの熱い日
74 小さな恋のメロディ  再映
74 ペイネ愛の世界旅行
74 ペーパームーン
74 イルカの日
74 追憶
74 暗黒街のふたり
74 大地震
74 ドラゴン怒りの鉄拳
74 ドラゴン世界を征く
74 電撃ストーナー
74 エマニエル夫人
74 個人生活
74 空手アマゾネス
75 破れ太鼓  再映
75 グリーン・ホーネット
75 ザッツ・エンタテインメント
75 アメリカン・グラフィティ
75 タワーリング・インフェルノ
75 七人の侍 再
75 デルス・ウザーラ
75 ドラゴンへの道
75 ドーベルマン・ギャング2
75 若い貴族達 13階段のマキ
75 アラン・ドロンのゾロ
76 ハリーとトント
76 ヤングフランケンシュタイン
76 風と共に去りぬ 再
77 がんばれ!ベアーズ
77 ダウンタウン物語
77 人間の証明
77 エデンの東(再)
77 サイレント・ムービー
77 幸福の黄色いハンカチ
78 自転車泥棒
78 死亡遊戯
78 男はつらいよ・噂の寅次郎

▽テレビ放映・目次
70 喜劇・男は愛嬌
71 大脱走
72 ボクいかれたヨ!
72 80日間世界一周
73 激突!
73 死刑台のエレベーター
74 タイタンの逆襲
75 猿の惑星
76 サウンドオブミュージック

70年代の映画メモ - Youtube動画
70年代の映画メモ - INDEX

昭和のエッセイ集・トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001