BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
スクリーンにチェリオ!
1970年代の映画鑑賞記。
当時の映画館でよく飲んだのはチェリオ(乾杯の意)だった。
記事は公開時の記憶を元に書いたものです。

使用した画像はアマゾンアソシエイトプログラムの掲載許諾を受けています。 配布や再掲載は禁止されています。
エクソシスト | 1974年7月鑑賞
70年代にオカルト映画ブームを巻き起こした作品。ショッキングなスチールは封切りまで公開されず、TVのスポットCMは、*サブリミナル映像を思わせるティーザーキャンペーン的なものだった。
(*実際は知覚出来る長さだった)

【あらすじ】
この家の少女に 想像を絶する何かが起きている!すべてを託された男『エクソシスト』の生命を賭けた闘いが・・・いま始る!(公開時コピー)

映画で表現される恐怖は、平たく言えば“闇夜でドッキリ”“痛そう〜死ぬかも”の二つだ。その程度は、前者は闇の質と出現方法、後者は映像表現のリアリティによる。

『エクソシスト』は前代未聞のショッキングなメイクアップとシーン、ドキュメンタリー・タッチの演出に、事実を元にしたというアナウンスが相まって、恐怖を巧みに演出している。

公開当時、観客に恐怖による死者が出たとのニュースがあった。ホラー映画が苦手な私が幸いにして生き長らえたのは、キリスト教信者ではないことと、「楳図かずお」によるビジュアルに対する免疫(観た人はわかりますね)があったからだろう。


《余談》
初公開時のパンフレットに小森和子の紹介文があり、「まさに空前のショッカーである」書いてあったのには笑った。“shocker”は扇情的な小説・劇・映画のことだが、当時はショッカーといえば仮面ライダーだった。

ちなみに、 フランケンシュタインが博士の名前で怪物の名ではないように、エクソシストは悪霊の名前ではなく、悪魔祓いをする人のこと。
▼エクソシスト
エクソシスト
The Exorcist/1973
監督:ウィリアム・フリードキン
出演:マックス・フォン・シドー、エレン・バースティン、リンダ・ブレア
dvdエクソシストDVD情報>>amazon

▼劇場公開映画・目次
73 ウエストワールド
73 スコルピオ
74 燃えよドラゴン
74 スティング
74 帰ってきたドラゴン
74 ドラゴン危機一発
74 エクソシスト
74 ダラスの熱い日
74 小さな恋のメロディ  再映
74 ペイネ愛の世界旅行
74 ペーパームーン
74 イルカの日
74 追憶
74 暗黒街のふたり
74 大地震
74 ドラゴン怒りの鉄拳
74 ドラゴン世界を征く
74 電撃ストーナー
74 エマニエル夫人
74 個人生活
74 空手アマゾネス
75 破れ太鼓  再映
75 グリーン・ホーネット
75 ザッツ・エンタテインメント
75 アメリカン・グラフィティ
75 タワーリング・インフェルノ
75 七人の侍 再
75 デルス・ウザーラ
75 ドラゴンへの道
75 ドーベルマン・ギャング2
75 若い貴族達 13階段のマキ
75 アラン・ドロンのゾロ
76 ハリーとトント
76 ヤングフランケンシュタイン
76 風と共に去りぬ 再
77 がんばれ!ベアーズ
77 ダウンタウン物語
77 人間の証明
77 エデンの東(再)
77 サイレント・ムービー
77 幸福の黄色いハンカチ
78 自転車泥棒
78 死亡遊戯
78 男はつらいよ・噂の寅次郎

▽テレビ放映・目次
70 喜劇・男は愛嬌
71 大脱走
72 ボクいかれたヨ!
72 80日間世界一周
73 激突!
73 死刑台のエレベーター
74 タイタンの逆襲
75 猿の惑星
76 サウンドオブミュージック

70年代の映画メモ - Youtube動画
70年代の映画メモ - INDEX

昭和のエッセイ集・トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001