BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
スクリーンにチェリオ!
1970年代の映画鑑賞記。
当時の映画館でよく飲んだのはチェリオ(乾杯の意)だった。
記事は公開時の記憶を元に書いたものです。

使用した画像はアマゾンアソシエイトプログラムの掲載許諾を受けています。 配布や再掲載は禁止されています。
大地震 | 1975年10月鑑賞
パニック映画ブームの中、1970年のロサンゼルス大地震をモデルに制作されたユニバーサル入魂の大作。同時上映は『ローラーボール』。

【あらすじ】

ロサンゼルスの建築会社の副社長スチュワート・グラフ(チャールトン・ヘストン)は妻レミー(エヴァ・ガードナー)と離婚の危機を迎えていた。

レミーの父親は建築会社の社長。夫の出世は自分のおかげと思い込む彼女には、最近グラフが事故で殉職した部下の未亡人(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)と息子の面倒を見ていることが我慢ならない。そんなある朝、震度3の地震が起こる。破局の予兆だった・・

同時期に20世紀FOXとワーナーの合作『タワーリング・インフェルノ』が巨額の制作費と豪華なキャスティングで制作された。対するユニバーサルの切り札は自社開発の音響システム『センサラウンド』。文字通り、鳴り物入りで宣伝された。

特殊大型スピーカーの超低周波を利用するシステムで、当時の地方紙には「老朽化した映画館の天井が剥がれ落ちた」という記事が掲載された。今から思えば、宣伝の一環だったのかも知れない。

映画の楽しみ方は人それぞれだが、この映画に限ってはリアルタイムで劇場で見るに限る。そうでなければ、迫力に紛れていたメロドラマが浮いてしまうのだ。今となってはタイムマシンが必要だが。


《余談》
『ターミネーター2』に、シュワルツネッガーがショットガン片手にハーレーにまたがるカーチェイスシーンがあるが、コンクリートの用水路で『大地震』を思い出した。
大地震
DVD商品情報>>


▼Earthquake/1974
監督:マーク・ロブソン
出演:チャールトン・ヘストン、ジョージ・ケネディ、エヴァ・ガードナー、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド

▼センサラウンド
可聴域外の音波(超低周波)で空気を振動させ、振動を体感させるシステム。アカデミー音響賞受賞。

▼劇場公開映画・目次
73 ウエストワールド
73 スコルピオ
74 燃えよドラゴン
74 スティング
74 帰ってきたドラゴン
74 ドラゴン危機一発
74 エクソシスト
74 ダラスの熱い日
74 小さな恋のメロディ  再映
74 ペイネ愛の世界旅行
74 ペーパームーン
74 イルカの日
74 追憶
74 暗黒街のふたり
74 大地震
74 ドラゴン怒りの鉄拳
74 ドラゴン世界を征く
74 電撃ストーナー
74 エマニエル夫人
74 個人生活
74 空手アマゾネス
75 破れ太鼓  再映
75 グリーン・ホーネット
75 ザッツ・エンタテインメント
75 アメリカン・グラフィティ
75 タワーリング・インフェルノ
75 七人の侍 再
75 デルス・ウザーラ
75 ドラゴンへの道
75 ドーベルマン・ギャング2
75 若い貴族達 13階段のマキ
75 アラン・ドロンのゾロ
76 ハリーとトント
76 ヤングフランケンシュタイン
76 風と共に去りぬ 再
77 がんばれ!ベアーズ
77 ダウンタウン物語
77 人間の証明
77 エデンの東(再)
77 サイレント・ムービー
77 幸福の黄色いハンカチ
78 自転車泥棒
78 死亡遊戯
78 男はつらいよ・噂の寅次郎

▽テレビ放映・目次
70 喜劇・男は愛嬌
71 大脱走
72 ボクいかれたヨ!
72 80日間世界一周
73 激突!
73 死刑台のエレベーター
74 タイタンの逆襲
75 猿の惑星
76 サウンドオブミュージック

70年代の映画メモ - Youtube動画
70年代の映画メモ - INDEX

昭和のエッセイ集・トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001