BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
スクリーンにチェリオ!
1970年代の映画鑑賞記。
当時の映画館でよく飲んだのはチェリオ(乾杯の意)だった。
記事は公開時の記憶を元に書いたものです。

使用した画像はアマゾンアソシエイトプログラムの掲載許諾を受けています。 配布や再掲載は禁止されています。
激突! | 1975年1月鑑賞
スピルバーグが劇場用映画監督デビュー前に撮ったTV映画。日本では劇場公開されたが、観たのは日曜洋画劇場のTV版。

【あらすじ】
平凡なセールスマン、デヴィッド(デニス・ウィーバー)は、カリフォルニア郊外の道路でノロノロ運転の大型トレーラーを追い越す。それが恐怖の始まりだった・・


始終無言のトラックに執拗に追いかけられる。ただそれだけ。白昼の道路の脇には荒野が延々と続く。広い空間でありながら密室の恐怖が襲う。トレーラーの運転手は最後まで顔を見せない。

『警部マクロード』で見覚えのあるデニス・ウィーバー以外、登場人物は殆どいない。低予算、短期間で撮られた映画だが、余分な物が無いせいで面白さの本質が際だっていた。


《余談》
デヴィッドの車はプリマス・バリアント。日本ならカローラあたりに相当する地味な4ドアセダンだ。「普通に生活する誰もが経験しうる恐怖」を象徴していた。それにつけても、米国車のタフなことといったら・・

制作された1971年はオイルショック直前の、米国車が最も大きかった時代で、バリアントはあれでもコンパクトカーだった。
▼激突!
激突!
Duel/1971
監督: スティーブン・スピルバーグ
出演:デニス・ウィーバー
dvd激突!DVD情報>>amazon

激突!


▼劇場公開映画・目次
73 ウエストワールド
73 スコルピオ
74 燃えよドラゴン
74 スティング
74 帰ってきたドラゴン
74 ドラゴン危機一発
74 エクソシスト
74 ダラスの熱い日
74 小さな恋のメロディ  再映
74 ペイネ愛の世界旅行
74 ペーパームーン
74 イルカの日
74 追憶
74 暗黒街のふたり
74 大地震
74 ドラゴン怒りの鉄拳
74 ドラゴン世界を征く
74 電撃ストーナー
74 エマニエル夫人
74 個人生活
74 空手アマゾネス
75 破れ太鼓  再映
75 グリーン・ホーネット
75 ザッツ・エンタテインメント
75 アメリカン・グラフィティ
75 タワーリング・インフェルノ
75 七人の侍 再
75 デルス・ウザーラ
75 ドラゴンへの道
75 ドーベルマン・ギャング2
75 若い貴族達 13階段のマキ
75 アラン・ドロンのゾロ
76 ハリーとトント
76 ヤングフランケンシュタイン
76 風と共に去りぬ 再
77 がんばれ!ベアーズ
77 ダウンタウン物語
77 人間の証明
77 エデンの東(再)
77 サイレント・ムービー
77 幸福の黄色いハンカチ
78 自転車泥棒
78 死亡遊戯
78 男はつらいよ・噂の寅次郎

▽テレビ放映・目次
70 喜劇・男は愛嬌
71 大脱走
72 ボクいかれたヨ!
72 80日間世界一周
73 激突!
73 死刑台のエレベーター
74 タイタンの逆襲
75 猿の惑星
76 サウンドオブミュージック

70年代の映画メモ - Youtube動画
70年代の映画メモ - INDEX

昭和のエッセイ集・トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001