BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
愛情モノ語り
お守りのように 大切にしていたの♪
▼ 愛情物語
作詞・康珍化/ 作曲・林哲司/唄・原田知世
車の注連飾り
子供時代のお正月は、付録で膨らんだ学習雑誌が本屋に積み上げられる頃から助走が始まり、父親の仕事納めの翌日から一気に気分が盛り上がったものだ。

親戚の農家がついた餅を分けてもらいに行き、ウラジロを採って帰り、宿題の書初め用に買った半紙を敷いて鏡餅を飾る。借家時代の我が家には床の間が無く、足のついたテレビの上が鏡餅の定位置だった。

注連縄を玄関に飾り、洗車を終えた車にもつけた。そう、当時はどこの家の自家用車にも注連飾りがついていた。帰省で渋滞する車の中で、対向車の飾りの品評会をしたものだ。他県ナンバーの車には近所では見かけない形のものがあって、携帯ゲームの無い時代の良い退屈しのぎだった。

本来、家に歳神さまを迎える為の注連縄を車に飾るのは、車を持つことが一国一城の主になることに等しかった時代に生まれた習慣なのだろう。一家に複数所有が珍しくなくなった頃から、注連縄をつけた車は次第に少なくなっていったように思う。

一気に減ったのは昭和天皇崩御時の自粛ムードの正月で、飾る場所の無いデザインの車が流行っていたことも手伝って、以後、めっきり姿を見かけなくなり、実家では平成に入って父親が亡くなってからはつけなくなった。

今の我が家には和室も床の間も無く、鏡餅は居間のテレビの上に置いていたのだが、液晶テレビに買い換えたら、置き場所が無くなってしまった。
▼注連飾り
注連飾り
商品情報>>

▼ホンダ・シビック 87〜91
シビック


▼1960年代の懐かしいモノ・目次
水筒
リュックサック
えんぴつ
接着剤
テレビ
赤チン
缶切り
牛乳びんの栓抜き
ソフトクリームのスタンド
捻締錠
こたつの天板
トランプ類税証紙
林檎箱

殺虫剤噴霧器
手拭い
物干し竿カバー
子供用食器
インキ消し
ジンギスカン鍋
井戸の手押しポンプ
♀の十円玉
注射器
フランス人形
金魚鉢
米びつ
有料体重計
六一〇ハップ
腕時計のカレンダー
クリスマスブーツ
二斤のカステラ
横断歩道と信号機
食パンケース
タイムスイッチ
アイスボックス
車の注連飾り
卓上星占い

昭和の生活コラム総合目次>>
昭和のエッセイ集トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001