BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
愛情モノ語り
お守りのように 大切にしていたの♪
▼ 愛情物語
作詞・康珍化/ 作曲・林哲司/唄・原田知世
物干し竿カバー
竹や〜竿竹〜

行商の売り声は昔と変わらないが、現在、商品としての「物干し竿」の主流は金属パイプで、竹竿は見かけなくなった。

「商品としての」と書いたのは、三菱樹脂の『物干し竿カバー』という商品が現役だからだ。自家製の竹竿が生き残っているのだろう。

製品名『菱チューブ』は三菱樹脂が製造する「ポリ塩化ビニル系熱収縮性チューブ」で、電気配線や建材等の被覆に用いられる。派生商品の『物干し竿カバー』は、昭和40年代の中頃まではポピュラーだった。

竹竿に『物干し竿カバー』を被せると、雨ざらしにしても表面が傷まず、長保ちする。当時はどこの家庭でも使っていたように思う。

私も母親が使うのを手伝った記憶がある。チューブに竿を通して熱湯をかけると、収縮して、ぴったりとした被膜になるのだ。さっきまで枯れた竹だった物が新品の工業製品に変身した。

かつて、プラスティック製品が高級だった時代があった。昭和32年に発売された積水化学の『ポリバケツ』(登録商標)には、結婚祝い向けのセットが用意されていた。 定番の水色は文化生活の色だった。

水色に変身した竹竿はずいぶんモダンに見えたものだ。


《余談 》
下取りした古い竿に『菱チューブ』を被せて、新品として売っている業者がいるらしいのでお気をつけあそばせ。
▼物干し竿カバー/菱チューブ
物干し竿カバー
菱チューブ・物干竿カバー通販>>

物干し竿カバー通販>>

▼1960年代の懐かしいモノ・目次
水筒
リュックサック
えんぴつ
接着剤
テレビ
赤チン
缶切り
牛乳びんの栓抜き
ソフトクリームのスタンド
捻締錠
こたつの天板
トランプ類税証紙
林檎箱

殺虫剤噴霧器
手拭い
物干し竿カバー
子供用食器
インキ消し
ジンギスカン鍋
井戸の手押しポンプ
♀の十円玉
注射器
フランス人形
金魚鉢
米びつ
有料体重計
六一〇ハップ
腕時計のカレンダー
クリスマスブーツ
二斤のカステラ
横断歩道と信号機
食パンケース
タイムスイッチ
アイスボックス
車の注連飾り
卓上星占い

昭和の生活コラム総合目次>>
昭和のエッセイ集トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001