BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
愛情モノ語り
お守りのように 大切にしていたの♪
▼ 愛情物語
作詞・康珍化/ 作曲・林哲司/唄・原田知世
缶切り
現在、我が家で使っている缶切りは回転刃式のものだが、子供の頃はレバー式の『三徳缶切り』と呼ばれるものだった。

折り畳み式のコルク栓抜きが付いていたが、葡萄酒(昔はワインをこう呼んだ)を開ける機会は少なく、一部を残して開けた缶のフタを持ち上げるのに使う事が多かった。

なぜ「フタを全部切り取ってしまわなかったか」と言えば、レバー式の場合、最後の部分を切ろうとするとフタが捻れて切り難いからだ。中身が残った場合にフタとして使えるので、食品用ラップが普及する以前の習慣だったかも知れない。

子供時代は今より缶切りを使う機会が多かったように思う。現在の小型缶の多くがプルトップになったせいもあるが、かつてのデザートの花形「みかんの缶詰」を開けることが多かったからだろう。

「みかんの缶詰」の美味しさは、酸味と甘味のバランスにあるが、その糖分は戦後〜昭和44年までは「チクロ」、48年のオイルショックで砂糖が高騰するまでは「全糖」、以後「異性化糖」に切り替えられていった。

昭和50年代に実家を離れてから回転刃式の缶切りを使うようになり、同時に「みかんの缶詰」をおやつに食べることもしなくなった。

三徳缶切りの思い出はチクロの味と共にある。
▼三徳缶切り
缶切り

▼ラップ
クレラップ/呉羽化学 61年6月発売。
サランラップ/旭化成 61年8月発売。

▼1960年代の懐かしいモノ・目次
水筒
リュックサック
えんぴつ
接着剤
テレビ
赤チン
缶切り
牛乳びんの栓抜き
ソフトクリームのスタンド
捻締錠
こたつの天板
トランプ類税証紙
林檎箱

殺虫剤噴霧器
手拭い
物干し竿カバー
子供用食器
インキ消し
ジンギスカン鍋
井戸の手押しポンプ
♀の十円玉
注射器
フランス人形
金魚鉢
米びつ
有料体重計
六一〇ハップ
腕時計のカレンダー
クリスマスブーツ
二斤のカステラ
横断歩道と信号機
食パンケース
タイムスイッチ
アイスボックス
車の注連飾り
卓上星占い

昭和の生活コラム総合目次>>
昭和のエッセイ集トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001