BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
愛情モノ語り
お守りのように 大切にしていたの♪
▼ 愛情物語
作詞・康珍化/ 作曲・林哲司/唄・原田知世
食パンケース
買い物にはカゴを提げて行くのが当たり前だった昭和30年代。私の家で食べる食パンは、町のパン屋でスライスしてもらい、カゴで持ち帰っていた。

家にはパン専用のケースがあった。青いプラスティック製で、フタは透明。一斤がまるごと入る大きさだった。ウチでは一斤買うことは滅多になく、ケースが一杯になることは少なかった。

よその家の事情は知らないが、ウチにはパンを置いておくスペースが無かった。水屋箪笥は小さく、食卓に口を縛ったビニール袋のまま放置するのも気がひけた。

というわけで、テーブルの隅にケースが置いてあったのだが、いつのまにか見かけなくなった。引っ越して食器棚にスペースが出来たせいもあるが、使いかけのパンの袋を出しておいても見苦しくなくなったからだ。

パンの袋に、口を縛る針金入りの紐やプラスティックの留め具がつくようになり、袋を結ばずに密閉出来るようになった。パン屋の紙袋もオシャレになって、そのまま出しておいても気にならなくなったのだ。

ウチでは必要に迫られてケースを使っていたが、今ではどちらかといえばインテリアグッズとしてのケースを使っている家庭が多いと思う。

過剰包装が問題になり、買い物袋持参が見直される今、パンのケースも復活するだろうか? エコロジーはともかく、食べ物を大切に扱う気持は生まれるに違いない。
▼1950年代のBreadbin
食パンケース
商品情報 Amazon >>
商品情報 楽天>>

▼1960年代の懐かしいモノ・目次
水筒
リュックサック
えんぴつ
接着剤
テレビ
赤チン
缶切り
牛乳びんの栓抜き
ソフトクリームのスタンド
捻締錠
こたつの天板
トランプ類税証紙
林檎箱

殺虫剤噴霧器
手拭い
物干し竿カバー
子供用食器
インキ消し
ジンギスカン鍋
井戸の手押しポンプ
♀の十円玉
注射器
フランス人形
金魚鉢
米びつ
有料体重計
六一〇ハップ
腕時計のカレンダー
クリスマスブーツ
二斤のカステラ
横断歩道と信号機
食パンケース
タイムスイッチ
アイスボックス
車の注連飾り
卓上星占い

昭和の生活コラム総合目次>>
昭和のエッセイ集トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001