BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
愛情モノ語り
お守りのように 大切にしていたの♪
▼ 愛情物語
作詞・康珍化/ 作曲・林哲司/唄・原田知世
赤チン
子供の頃、転んで膝小僧を擦りむくと必ず塗ったのが『赤チン』。塗ったあと、傷口を息でフーフーと乾かすと、痛みも一緒に飛んでいったものだ。

学校で怪我をすると、保健室で『ヨーチン』を塗られることもあって、そっちは傷口に滲みてとても痛いのだった。どちらも、広口のガラス瓶の中の丸めた脱脂綿に染みこませてあり、ピンセットでつまみ上げてチョンチョンと塗るのだ。

『赤チン』の正式名称はマーキュロクロム(水溶)液。その名の示す通り、水銀化合物を含むが、劇薬ではない。公害問題がクローズアップされた1970年代の始め、製造工程での有機水銀の処理方法が問題となった。

折からの採算性の低さと有機水銀のイメージの悪さで生産を中止するメーカーが相次ぎ、 山之内製薬の『マキロン』の登場も衰退を後押しした。生産が禁止されたわけではなく、現在も細々と生産されており、応急絆創膏に塗布した製品もある。

『赤チン』の語源は《赤いヨーチン》だが、『ヨードチンキ』の略称の『ヨーチン』とは別の物質だ。しかも、チンキとは薬品をアルコールに溶かした液体のことで、水溶液の『赤チン』は正しくはチンキではない。

膝小僧に『赤チン』を塗った子供を見かけなくなって久しい。転んで怪我をする子供自体が減っているそうで、デコボコ道が消えた事と、外で駆け回って遊ぶ事が少なくなっているせいだという。 最近の子の半ズボンは膝丈で、昔のように冬でも半ズボンの子が減ったのも一因だろう。

『マキロン』のマキはマーキュロクロムにちなんだらしい。『赤チン』は死して名を残したが、子供の勲章は消えていくのかも知れない。
▼マーキュロクロム液
赤チン
別名:メルブロミン液
マーキュロクロム液・商品情報>>

▼マキロン
1971年発売。

▼応急絆創膏
NIKKO マーキュロバン

▼1960年代の懐かしいモノ・目次
水筒
リュックサック
えんぴつ
接着剤
テレビ
赤チン
缶切り
牛乳びんの栓抜き
ソフトクリームのスタンド
捻締錠
こたつの天板
トランプ類税証紙
林檎箱

殺虫剤噴霧器
手拭い
物干し竿カバー
子供用食器
インキ消し
ジンギスカン鍋
井戸の手押しポンプ
♀の十円玉
注射器
フランス人形
金魚鉢
米びつ
有料体重計
六一〇ハップ
腕時計のカレンダー
クリスマスブーツ
二斤のカステラ
横断歩道と信号機
食パンケース
タイムスイッチ
アイスボックス
車の注連飾り
卓上星占い

昭和の生活コラム総合目次>>
昭和のエッセイ集トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001