BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
めばえ
もしもあの日あなたに逢わなければ♪
2歳から3歳を過ごした離島、長崎県対馬での人生最初の出逢い。
▼めばえ/1963年7月号
めばえ 小学館の学習雑誌
対象年齢1〜4歳
コンデンスミルクとクリスマス
記憶に残る最初のクリスマスは3歳4ヶ月の時で、ケーキを食べた記憶はあるものの、味は憶えていない。思い出すのはコンデンスミルクの味だ。

その頃、父親が病気で入院していて、お見舞いにいただいた缶詰セットの中にコンデンスミルクがあった。白いラベルに紺で鷲のマークが描いてあり、フタに文字とマークが刻印してあったと思う。

父が甘い物は要らないというので病院から持ち帰り、母親が水で薄めたものを火にかけて飲ませてくれた。今ではコーヒー用か、お菓子の材料以外の使い方が思い浮かばないが、昔は母乳の代用としても使われたそうだ。

寒い季節だったことも手伝って、濃厚な甘い香りと味は忘れられない想い出になった。「ミルキーはママの味」というコピーがあるが、私の「ママの味」はコンデンスミルクに上書きされてしまっている。


《余談》〜母を訪ねて〜
2001年に鷲のマークのコンデンスミルクにもう一度逢いたくて、ネットで捜索した事がある。生活圏でも出先でも、見あたらなかったからだ。

鷲のマークを手がかりに探し続け、コンデンスミルクは1856年にアメリカのゲール・ボーデンが創製した鷲印加糖練乳が始まりで、現在は[Eagle Family Foods, Inc.,] が販売している事がわかった。

しかし、缶には鷲印[Eagle Brand]の文字はあるものの、何故か牛のイラストが描いてあり、かつての面影はなかった。

日本国内では「沖縄ではコンデンスミルクのことをメーカーにかかわらず鷲ミルクと呼ぶ。ネスレが販売し、鷲のマークが缶に描いてある」との情報が見つかったが、ネスレジャパンのサイトには、エバーミルクのコンデンスミルクしか無かった。

海外のサイトを捜し続けた結果、カナダのEagleのサイトで古いラベルが見つかった。ママの味はまさしくこのラベルだった。
イーグル・コンデンスミルク
現在、ネスレのサイトには関西限定としてイーグルの商品が紹介されている。生活圏では見あたらなかったわけだ。しかし、数年前に福岡に帰省した時には、見つからなかったのだが。

ネスレの缶は本国と異なり、往年の鷲のマークが描かれている。 そういえば、沖縄には伝統を重んじる習慣があり、大塚の『ボンカレー』も昔のパッケージのままだ。ネスレのコンデンスミルクに昔の面影があるのは、沖縄で生き残った鷲印が再び北上したのではないだろうか?
▼昔のイーグル・コンデンスミルク
イーグル・コンデンスミルク

▼現在のネスレ・イーグル
イーグル・コンデンスミルク
【 イーグル コンデンスミルク】通販>>

▼現在のボーデン・イーグルイーグル・コンデンスミルク


▼目次
クリームキャラメルとスピッツ
若原一郎と紙テープ
こだま号と絆創膏
栗饅頭とはじめてのおつかい
コンデンスミルクとクリスマス
ネギ坊主と水飴
招き猫とサーカス
ガーベラとスキムミルク
TVと宿直室
うぐいす姫と箱庭
鯛の骨とバナナ饅頭

昭和の生活コラム 総合目次>>
トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001