BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
めばえ
もしもあの日あなたに逢わなければ♪
2歳から3歳を過ごした離島、長崎県対馬での人生最初の出逢い。
▼めばえ/1963年7月号
めばえ 小学館の学習雑誌
対象年齢1〜4歳
明治クリームキャラメルとスピッツ
子供時代の想い出のキャラメルといえば、サイコロキャラメルやオマケ付きグリコを思い浮かべる人が多いと思う。私の場合、記憶の底にあるのは明治クリームキャラメルだ。

グリコのおまけより、柔らかい味のクリームキャラメルが魅力的だった。そして、味とともに名前とビジュアルが記憶に焼き付いているのには理由がある。

その日、厳原税務署の*庭をクリームキャラメルを一粒握りしめて歩いていたら、散歩中の犬がいた。撫でようとして近づいたら、右手の拳をキャラメルごとガブリと噛みつかれてしまったのだ。(*現在、官舎が建っている場所)

突然のことに驚いて、痛みの記憶は無い。あとで病院で受けた狂犬病か破傷風の予防注射の痛みだけを憶えている。

それまで、犬は全部「いぬ 」だったのが、母親が「スピッツに噛まれた」と人に話すのを聞いて*スピッツという種類を知ったのはこの時だった。
(*正しくは日本スピッツ)
▼明治クリームキャラメル
明治クリームキャラメル
復刻版パッケージを元に昭和30年代のものを再現。柄は当時と若干異なります。

明治製菓クリームキャラメル通販>>


▼目次
クリームキャラメルとスピッツ
若原一郎と紙テープ
こだま号と絆創膏
栗饅頭とはじめてのおつかい
コンデンスミルクとクリスマス
ネギ坊主と水飴
招き猫とサーカス
ガーベラとスキムミルク
TVと宿直室
うぐいす姫と箱庭
鯛の骨とバナナ饅頭

昭和の生活コラム 総合目次>>
トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001