BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
マンガ細事記
『憧れの 君は届かぬ 箱の中 』 テレビまんが歳時記。
使用した画像はアマゾンアソシエイトプログラム及び、竜の子プロダクションの掲載許諾を受けています。 配布や再掲載は禁止されています。
一休さん 1975
『LDに 鐘と木魚の 響きをり』

核家族化した家庭からお茶の間や仏間が消え、リビングダイニングが誕生した70年代。仏壇の無い家から毎週一回、「ポク、ポク、ポク、ポク、チ〜ン」という音が聞こえるようになった。

【ストーリー】
小松天皇の皇子、千菊丸は幼くして安国寺に入門させられ、一休として修行する事になった。母恋しさに涙する日々。あるきっかけから、頓知の才能が開花する。

日本船舶振興会の提供で、昭和50年から七年間続いた『一休さん』は日本文化に数々のパラダイム変換をもたらした。

一休さんの歌といえば、「一休さん一休さん、この橋渡っちゃいけません」だったのが、「好き好き好き好き好き好き、愛してる」になり、桔梗屋という屋号はイメージダウンし、船舶は横山やすしの乗り物と同義になった。

若者の間では、「什麼生(そもさん)。あんパンとジャムパンと食パンがそろって道を歩いていた。それを見かけたクリームパンは後ろから彼らに声をかけた。すると食パンだけが振り返った。これはいかに?」「説破(せっぱ)。・・(答は欄外に)・・」 といった禅問答が繰り広げられた。

というのは半分冗談だが、放映開始の年にナンセンスクイズが流行したのは事実だ。冒頭に書いた「ポク、ポク、ポク、ポク(考え中)、チ〜ン(ひらめいた)」は一休さんが頭を捻るときの効果音。人差し指で頭にマルを書いてクイズに答えた子供もいたに違いない。


《余談》
一休さんといえば、戸締まり用心火の用心〜♪という高見山出演のCMを思い浮かべるが、これは日本船舶振興会じゃなくて、財団法人日本防火協会のCM。

[主題歌・歌詞]
好き好き好き好き好き好き 愛してる〜
一休さん
DVD商品情報>>

▼一休さん
放送局:NET
放送期間:1975.10.15〜1982.6.28
水曜19:30〜20:00
月曜19:30〜20:00(76.4.12〜)

▼クイズの答
食パンには耳があるから
▼マンガ細事記・目次
63 鉄腕アトム
63 狼少年ケン
63 エイトマン
64 0戦はやと
64 ビッグX
64 少年忍者風のフジ丸
65 遊星少年パピイ
65 スーパージェッター
65 W3 ワンダースリー
65 ジャングル大帝
65 オバケのQ太郎
66 ハリスの旋風
66 おそ松くん
66 がんばれ!マリンキッド
66 レインボー戦隊ロビン
66 遊星仮面
66 魔法使いサリー
67 パーマン
67 冒険ガボテン島
67 ピュンピュン丸
67 キングコング 親指トム
67 かみなりぼうやピッカリビー
67 おらぁグズラだど
67 マッハGoGoGo
67 ドンキッコ
67 リボンの騎士
68 ファイトだ!!ピュー太
68 アニマル1
68 ゲゲゲの鬼太郎
68 怪物くん
68 妖怪人間ベム
68 あかねちゃん
68 巨人の星
69 ひみつのアッコちゃん
69 ハクション大魔王
69 もーれつア太郎
69 ムーミン
69 タイガーマスク
69 アタックNo.1
69 紅三四郎
70 キックの鬼
70 昆虫物語みなしごハッチ
70 いなかっぺ大将
70 のらくろ
71 アンデルセン物語
71 ど根性ガエル
73 荒野の少年イサム
73 新造人間キャシャーン
75 ラ・セーヌの星
75 一休さん
▼小説ヒーローの憂鬱
金田正太郎1963
早田進1968
鏡あつこ1973
東一郎1980
▼マンガ細事記別館
昭和のマンガ・Youtube動画
▼その他のTVの話題
昭和のTV番組総合目次

昭和のエッセイ集トップ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001