BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
マンガ細事記
『憧れの 君は届かぬ 箱の中 』 テレビまんが歳時記。
使用した画像はアマゾンアソシエイトプログラム及び、竜の子プロダクションの掲載許諾を受けています。 配布や再掲載は禁止されています。
エイトマン 1963
『のりたまを 開けず中知る エイトマン』

当時、丸美屋のフリカケのオマケにエイトマン・シールが付いていた。袋を開けずに中を見て選べるエイトマンが羨ましかったものだ。今から思えば、X線では図柄が見えないと思う。

【ストーリー】
警視庁捜査一課には七人ずつ七つの班がある。そのどれに所属しない8番目の刑事は人間そっくりのロボット。凶悪犯に射殺された刑事が谷博士の手によって頭脳をアンドロイドに移し替えられたのだ。エイトマンこと東八郎は東探偵事務所の所長として難事件に立ち向かう。

少年が主人公のマンガが主流の当時にあって、『エイトマン』は異彩を放っていた。冷静に落ち着いた声で話す大人のエイトマンが格好良かった。

エイトマンのベルトのバックルにはタバコ型の強化剤が入っており、ピンチの際に吸うのだが、火を付ける時に手で覆う仕草に憧れたものだ。今となっては、子供向けのマンガでは使えないアイテムだろう。

有名な話だが、かつて原作(画)の桑田次郎と主題歌を歌った克美しげるの不祥事があった。この件については「子供の夢を壊すような云々」と判で押したように表現されるが、当時の子供としては夢を壊されるというより、そういう大人の事情がかえってエイトマンを特別な記憶にしたように思う。


《余談》
映画『ロボコップ』を観た時、エイトマンを思い出した。設定が良く似ているのだ。

[主題歌・歌詞]
光る海 光る大空 光大地〜
エイトマン
エイトマンDVD情報・BOX>>
エイトマンDVD情報・Vol.1>>

▼エイトマン
放送局:TBS
放送期間:1963.11.7〜1964.12.24

▼ハニーミルトン
前田産業の濃縮乳酸飲料のキャラクターでもあった。ミルトンは日本初の果汁入殺菌乳酸菌飲料。

▼マンガ細事記・目次
63 鉄腕アトム
63 狼少年ケン
63 エイトマン
64 0戦はやと
64 ビッグX
64 少年忍者風のフジ丸
65 遊星少年パピイ
65 スーパージェッター
65 W3 ワンダースリー
65 ジャングル大帝
65 オバケのQ太郎
66 ハリスの旋風
66 おそ松くん
66 がんばれ!マリンキッド
66 レインボー戦隊ロビン
66 遊星仮面
66 魔法使いサリー
67 パーマン
67 冒険ガボテン島
67 ピュンピュン丸
67 キングコング 親指トム
67 かみなりぼうやピッカリビー
67 おらぁグズラだど
67 マッハGoGoGo
67 ドンキッコ
67 リボンの騎士
68 ファイトだ!!ピュー太
68 アニマル1
68 ゲゲゲの鬼太郎
68 怪物くん
68 妖怪人間ベム
68 あかねちゃん
68 巨人の星
69 ひみつのアッコちゃん
69 ハクション大魔王
69 もーれつア太郎
69 ムーミン
69 タイガーマスク
69 アタックNo.1
69 紅三四郎
70 キックの鬼
70 昆虫物語みなしごハッチ
70 いなかっぺ大将
70 のらくろ
71 アンデルセン物語
71 ど根性ガエル
73 荒野の少年イサム
73 新造人間キャシャーン
75 ラ・セーヌの星
75 一休さん
▼小説ヒーローの憂鬱
金田正太郎1963
早田進1968
鏡あつこ1973
東一郎1980
▼マンガ細事記別館
昭和のマンガ・Youtube動画
▼その他のTVの話題
昭和のTV番組総合目次

昭和のエッセイ集トップ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001