BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
ずっとソバに
疑うこともなく知り合う人々を “ともだち”と呼べた日々へ♪
即席ラーメン・グラフィティ。
▼ずっとそばに
作詞:松任谷由実/作曲:松任谷由実
唄:松任谷由実

注:試食記は発売当時の記憶によるものです。
寿がきや・本店の味 1970
80年代の初めに名古屋に住んでいたことがある。当時は、ひつまぶしも、手羽先のから揚げも有名ではなく、シロノワールも無かった。(知らなかった?)

それでもカルチャーショックはいくつもあって、その中の一つがラーメン店『すがきや』だった。なにしろ安いんである。ラーメンが200円台。チャーシューメンでも280円だったと思う。もっとも、名古屋の喫茶店はコーヒーも安くて200円台だったが。

すがきやスプーン『すがきや』のラーメンは個性的で、初めて注文すると味以外の部分で驚くことになる。給食の先割れスプーンみたいなのがついてくるのだ。そして周りを見回すと、誰も使っていなくて皆、割り箸で食べていた。

味も独特で、和風とんこつと呼ばれるスープは、当時は珍しい魚系のダシがかなり強い白濁スープ。とんこつ王国出身の私にはさほど違和感は無く、好きな味だった。

スーパーで袋麺の寿がきや『本店の味』を見つけたときは、小躍りして喜んだが、良くみると醤油味と書いてあって、お店の味とは違う。本店には醤油味があるのかと思いきや、探しても無いのだ。

何故『本店の味』なのか、理由は未だに謎のままだ。


《余談》
今は和風とんこつ味の即席めんが売られている。
▼寿がきや・本店の味
すがきや本店の味
昭和45年8月発売/寿がきや食品
本店の味ラーメン通販>>


▼即席ラーメン・グラフィティ
マルタイ・棒ラーメン
マルタイ・これだ
日清やきそば
長崎タンメン
サッポロ一番・味噌ラーメン
出前一丁
明星ラーメン・ちびろく
明星ラーメン・ビーフ味
そばゲッティ
ハウス・シャンメン
王風麺
本中華 醤
寿がきや本店の味
アルキメンデス

▼その他の記事
ペプシ・ミリンダに会いたい
懐かしいチョコレート
懐かしい食品目次
昭和のTV番組目次
昭和の歌謡曲目次

昭和のエッセイ集トップページ
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001