BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
失恋レストラン  〜まんがの中の憧れの食べ物〜
「片想い」。世の中にこれ程、甘美なものがあるだろうか? 成就すれば見えてしまう現実を、妄想という甘いオブラートで包みこむ。想いのままである。

「絵に描いた餅」。届かぬが故に募る想いは、やがて心の中に至高の一品を作り上げる。

今ほど豊かではなく、海外旅行等、夢のまた夢だった子供の頃。TVやまんがで出会った素敵な食べ物への憧れは片想いにも似て、絵に描いた餅を神格化した。 大人になって、実際に口にする機会が訪れても、断じて彼の君ではない。

これは、憧れの食べ物達への失恋レポートである。

ポパイ
ポパイのホウレンソウ | ポパイ
「人生はチョコレートの箱のよう。開けてみるまで中身が分からない」。
憧れの君は缶の中だった。

はやる気持を押さえつつ、缶切りで切り取ったフタをそっと開ける。中にぎっしり詰まっていたのは、幼い頃から見慣れている「ほうれん草のお浸し」に見えた。

理屈はわかっていても、過剰な期待が理性を押さえ込む場合がある。経験する前のキスはレモンの味…の如く。子供の頃にTVアニメ『ポパイ』で知った「ホウレンソウの缶詰」もその一つ。

興味はあっても目にすることが無かったアメリカの「ホウレンソウの缶詰」。バブル期の円高で輸入食品が近所のスーパーにも置かれるようになり、邂逅となった。以後、買い物に出かける度に「ホウレンソウの缶詰」との逢瀬を繰り返した。

が、ラベルには「内容物:ほうれん草の水煮」と書いてある。それ以上でも以下でもないはず…なのだが…ポパイがムシャムシャ食べていたアレは日本のソレとは違うのではないか?

思い詰めたあげく、ついに口にする日がやってきた。棚から買い物かごに入れ、レジへ。なんとなく恥ずかしい。レジの娘の視線が…

さて、缶の中のお浸しを指でつまんで味見…「ほうれん草じゃないか」…

煮えすぎのお浸しだ。「箸で切れる程」は上等なステーキ肉の誉め言葉だが、これは(日本人には)いただけない。離乳食を口にしたことがあれば、それを想像するのがわかりやすいだろう。

ウワァ〜オ!なんてこったい!
▼人生はチョコレートの箱のよう
『フォレスト・ガンプ 一期一会』

▼ポパイ
ポパイはもともと主役では無かった。
1929年に連載が始まった新聞の漫画『シンプル・シアター』の脇役。

▼キャベツ
新聞連載時は危機が訪れるとキャベツを食べていた。

▼ほうれん草
アニメのポパイは。ほうれん草の缶詰の宣伝用にテレビ放送された。
缶詰の人気はいまひとつで、売上増にはならなかったそう。原因は、同時期に登場したブロッコリーに人気を奪われたらしい。

▼漫画劇場・ポパイ
昭和34年6月〜40年7月
提供:不二家

▼食べ物エッセイ・目次
【失恋レストラン】
チビ太のおでん
椰子のジュース
今川焼き
小池さんのラーメン
ポパイのホウレン草
【錬金術】
魚肉ソーセージ
松茸の味お吸いもの
カニカマボコ
シーチキン
シャンメリー
ハウスプリン・ママプリン
【ずっとソバに】
マルタイ・棒ラーメン
マルタイ・これだ
日清やきそば
長崎タンメン
サッポロ一番・味噌ラーメン
出前一丁
明星ラーメン・ちびろく
明星ラーメン・ビーフ味
そばゲッティ
ハウス・シャンメン
王風麺
本中華 醤
寿がきや本店の味
アルキメンデス
【小さなスナック】
ビスケット・クッキー・サブレ
かっぱえびせん
のりたま
源氏パイvsうなぎパイ
冷蔵庫のデザート
クノールスープ
【特集】
ミリンダに会いたい
【チョコっとLOVE】
不二家ハートチョコレート
明治アルファチョコレート
不二家パラソルチョコレート
ロッテ・ラミー
不二家メロディ
明治アポロチョコ
明治チョコバー
チョコ年表
【スウィートメモリーズ】
ボンタンアメ
チロルチョコ
ポン菓子
ハーバード・ビスケット
アイスパイン
ノースキャロライナ
ロッテ・ラミー
バターココナツ/ココナツサブレ

昭和のエッセイ集トップページ
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001