BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
「練金術」〜 イミテイション・ゴールド
色がちがう 味がちがう 香りがちがう 値段がちがう♪
戦後、急速に欧米化し、豊かになった食生活。とはいえ、いかんせん資源と経済力が足かせとなっていた。 が、足らぬ足らぬは工夫が足らぬ。 昭和の錬金術をレポートする。
▼ イミテイション・ゴールド
作詞・阿木燿子/
作曲・宇崎竜童/唄・山口百恵
本歌取り | カニカマボコ
人呼んでカニカマことカニ風味かまぼこが登場したのは昭和40年代の末。最初はカマボコそのもので、現在の繊維状の物が登場したのは昭和50年代に入ってからである。

爆発的なヒットとなり、輸出も開始された。当初1万トン程度であった生産量は、61年に7万3千トンに達し最高記録となった。その後、主要輸出国である米国での現地生産が始まり、国内生産量は減少。平成13年は5万1千トン。

さて、5万トンという数字の意味を考えてみよう。カニカマは、おそらくズワイガニを模していると思われるが、2000(平成12)年のズワイガニの国内水揚げ量は6,000トン。輸入の60,000tと合わせてほぼ同量である。ところが、カニカマは当然ながら身だけの数字である。本物だけでは日本の需要は賄えないのだ。

本歌取りという言葉がある。パクリという意味で使われる事もあるが、本歌に対する知識、アレンジする知恵とセンスが必要とされる。スケトウダラのすり身をカニへ昇華させ、世界市場へと羽ばたかせた努力は賞賛に値する。

(*参考文献:全国かまぼこ連合会 「かまぼこ製造の歴史 」


《試食》
冷やし中華の具としてなら、本物のカニに勝るに食感だと思うのだが、本物に近づける為に払われた努力に敬意を表し、ポリプロピレンの鞘から茹でズワイガニよろしくすすって食べる。
足曳きのこの一片の蟹足を…〔万葉集 十六 有由縁并雑歌 より〕
あとを引くのだった。
▼昭和48年 5月
株式会社スギヨが、かにの風味を付けた蒲鉾「かにあし」を新発売。

▼昭和54年6月
一正蒲鉾が、カニ風味蒲鉾「オホーツク」を発売。

▼繊維状
スケソウダラのすり身を冷凍後解凍し、再冷凍。

▼輸出
海外でもカマボコは、Kamaboko,Surimiで通用する。米国では、Surimiはカニ風味かまぼこをさすという。

▼食べ物エッセイ・目次
【失恋レストラン】
チビ太のおでん
椰子のジュース
今川焼き
小池さんのラーメン
ポパイのホウレン草
【錬金術】
魚肉ソーセージ
松茸の味お吸いもの
カニカマボコ
シーチキン
シャンメリー
ハウスプリン・ママプリン
【ずっとソバに】
マルタイ・棒ラーメン
マルタイ・これだ
日清やきそば
長崎タンメン
サッポロ一番・味噌ラーメン
出前一丁
明星ラーメン・ちびろく
明星ラーメン・ビーフ味
そばゲッティ
ハウス・シャンメン
王風麺
本中華 醤
寿がきや本店の味
アルキメンデス
【小さなスナック】
ビスケット・クッキー・サブレ
かっぱえびせん
のりたま
源氏パイvsうなぎパイ
冷蔵庫のデザート
クノールスープ
【特集】
ミリンダに会いたい
【チョコっとLOVE】
不二家ハートチョコレート
明治アルファチョコレート
不二家パラソルチョコレート
ロッテ・ラミー
不二家メロディ
明治アポロチョコ
明治チョコバー
チョコ年表
【スウィートメモリーズ】
ボンタンアメ
チロルチョコ
ポン菓子
ハーバード・ビスケット
アイスパイン
ノースキャロライナ
ロッテ・ラミー
バターココナツ/ココナツサブレ

昭和のエッセイ集トップページ
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001