BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
君は宣伝色
想い出はモノクローム 色を点けてくれ♪
色にまつわる昭和CM史。
▼君は天然色
作詞・松本隆/作曲・大瀧詠一/唄・大瀧詠一
ホワイト&ホワイト1970年
白い歯っていいな〜ホワイト&ホワイト♪

日本人は白い色が好きだ。暖かみのあるアイボリーじゃなくて、純白。石炭時代の煤けた生活から脱出した1960年代。白さを売り物にした商品の発売が相次いだ。

白さと香りの『ニュービーズ』、うれしい白です『ブルーダイヤ』、チリ紙を駆逐した『クリネックス・ティシュー』、ハイライフの象徴『白いクラウン』等々。

私の「白」い原風景といえるのは、ライオンの『ホワイト&ホワイト』と『カルピス』のCMだ。それぞれ『チャコちゃんシリーズ』、『カルピスまんが劇場』のスポンサーの商品だった。

『ホワイト&ホワイト』の発売は61年だが、70年に登場したラミネートチューブは衝撃的だった。それまでの金属チューブと違って最後まで気持ち良く使えたのだ。CMの土田早苗の白い歯が眩しかった。

夏だよ夏だよカルピスだ  冷たいおいしいカルピスだ!

『カルピス』はCMにオズモンド・ファミリーを起用していた。時代は70年代にさしかかっていたが、アメリカのホームドラマの世界の豊かさにまだ追いついてはいなかった。暖炉の前の『カルピス』の白は幸せの色に見えたものだ。

やがて、二つの白は奇しくも同じモデルを起用することになる。江原真二郎と中原ひとみの一家だ。メインキャラクターは末っ子の土家里織。

たぶん最初は『カルピス』の夏のCMだった。たどたどしい言葉を話しながら両手でコップをもって飲む里織ちゃん。チリンと鳴る風鈴に葦簀(よしず)。オズモンド家から一転して日本の風景だった。

一方、ライオンのCMでは親子4人で見事な歯並びを披露していた。この頃から、ジャワカレーの千葉・野際夫妻、カローラのジェリー藤尾一家といった、芸能人家族のCMが目立ち始める。 テレビ第一世代のタレントが家族を持ち、二世を生む時代を迎えていた。

▼ホワイト&ホワイト
ホワイト&ホワイト
▼土田早苗
ファンクラブ 公式サイト>>

▼ジミー・オズモンド
ジミー・オズモンド

▼土家里織/ツチヤサオリ
土家里織
1969年1月生まれ


▼君は宣伝色・目次
サントリー・ホワイト
赤いトラクター
ネスカフェ・ゴールドブレンド
ブルーダイヤ
君は薔薇より美しい
ホワイト&ホワイト
トマト&レモン
純黒ボールペン
シルバーオックス
コーヒーキャンディ
東鳩オールレーズン
サクラカラー
メロウカラー

コラム・昭和なネーミング>>
昭和の文化・総合目次>>
トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001