BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
眠れぬ夜
眠れない夜と雨の日には 忘れかけてた愛がよみがえる♪
70年代の読書メモ。
▼眠れぬ夜
作詞・作曲/小田和正/唄・オフコース
ティファニーで朝食を/カポーティ 1974年読了
ミス ホリディ・ゴライトリー 旅行中

ニューヨークで自由奔放に暮らす謎めいた女、ホリー。アパートの部屋の扉に貼った名刺にはこう書いてある。束縛を嫌う彼女の飼い猫には名前が無い。

物語は新進作家の「私」の回想という形で進む。ティファニー宝石店のシーンから始まるヘップバーンの映画とは異なり、『ティファニー』はホリーのセリフの中で象徴的な意味で使われるだけだ。

「ある晴れた朝、目をさまし、ティファニーで朝食を食べるようになっても、あたし自身というものは失いたくないのよ」

カポーティは、ホリーを取り巻く人物や都会の空気を洒落たタッチでスケッチして行く。

とらえどころの無かったホリーの人物像と、「私」のホリーへの想いが焦点を結び始めた頃、事件に巻き込まれた彼女は愛猫を残して、自由な鳥のように飛び去って行く。

当時高校生だった私は、ロマンティックに仕上がった映画と異なるホリーの野性的な奔放さに共感出来なかった。

が、大人になった今。自由に生きるホリーの輝きはティファニーのジュエリー以上に眩しい。


《余談》
映画では、「私」とホリーが駄菓子のオマケの指輪をティファニーに持ち込んで、名前を彫ってもらうシーンがあり、おとぎ話とは知りつつも、粋な対応にティファニーの店が大好きになった。

80年代の始め、たまたま立ち寄った東京池袋の三越百貨店にティファニーの売り場があった。当時、直営店は無かったのだ。

西武とサンシャインシティーに気圧された感のあった三越の中、エスカレーター脇の狭いスペースは夢にまで見た本店とはギャップがあったが、映画のオープニングよろしくショーケースにそっと自分の姿を映してみたのだった。
ティファニーで朝食を
ティファニーで朝食を・書籍情報>>
ティファニーで朝食をDVD情報>>


▼眠れぬ夜・目次
トーマの心臓
アクロイド殺人事件
ガラスの仮面
白い本
ティファニーで朝食を
ペーパームーン
スターキング
太陽がいっぱい
ニーナの日記
セゾン・ド・ノンノ/パリ大地図帳
リーダーズダイジェストとフェーマススクールズ
成吉思汗の秘密
知的生産の技術
お楽しみはこれからだ
すてきなあなたに

めもあある図書館>>
読書感想文総合目次>>
昭和のエッセイ集トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001