BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
めもあある図書館
クオレ クオレ あなたは憶えていますか♪
読み返せば消えてしまう記憶の図書館。
▼水曜日のクオレ/山口百恵
作詞・阿木燿子/作曲・来生たかお

当時の記憶を元に書いています。 実際の内容と異なる場合があります。

そらいろのふね 作者不明/読書期間1965〜

福岡県?たすけあい運動・文集に収録。

青空に浮かんだ雲を見ると思い出す話がある。

主人公の少年は、川岸の掘っ建て小屋に住む老人と仲良くなる。老人は屑屋だが、若い頃は船長だった。土手に寝そべって空を見上げながら「そらいろのふね」で訪れた遠い外国の話をしてくれる。

やがて、少年の誕生日がやってくる。 少年が母親に「おじいさんをよびたい」と言うと、「そんな人はダメ」と反対されるが、父親は「いいじゃないか。呼んでおいで」と許してくれる。

喜び勇んで呼びにいくと、小屋に老人の姿は無く、置き手紙の上に手作りの 「そらいろのふね」が置いてある。

手紙には「息子と一緒に住むことになった」と書いてあった。 見上げた空に浮かんだ雲が微笑んでる老人の顔に見えた。

『そらいろのふね』は小学生を対象に、募金運動の一環として販売された*文集に掲載されていた。作家ではなく素人のボランティアが書いた詩や文を集めたもので、当時小学校低学年だった私は、この話が気に入って何度も読み返したものだ。(*昭和40〜41年発行)


《余談》
本は手元になく、作者も不明だ。当時、在席していたのは福岡県筑紫郡二日市小学校。県内の運動だったのか全国なのかはわからない。同時に販売されていた「たすけあいえんぴつ」は側面に赤と黒が交互に塗られていた。

▼参考
車のいろは空のいろ
書籍情報:車のいろは空のいろ>>
検索してみましたが、あまんきみこさんの作品ではありません。

▼めもあある図書館・目次
めもあある美術館
ほら男爵の冒険
黒馬物語
難破船
アク・アク
ちびくろさんぼ
くるみ割り人形
そらいろのふね
おしゃべりなたまごやき
坊っちゃん
スペードの女王
家なき子
てぶくろをかいに
ピノッキオ
読書感想文・課題図書1964〜1970

1970年代の読書メモ>>
読書感想文総合目次>>
昭和のエッセイ集トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001