BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
ビューティフルネーム
呼びかけよう名前を すばらしい名前を♪
▼ビューティフルネーム
作詞・良橋陽子&伊藤アキラ
作曲・タケカワユキヒデ/唄・ゴダイゴ
帝人パピリオ/1974
jaco jaco jaco ma petite jaco ♪

シャンソン風の*曲をバックにパリの石畳を颯爽と歩く若い女性。パピリオ『ジャコ』のCMは、午後9時頃に洋画劇場の始まる前にスポット的に流れていたと思う。(*歌詞は記憶によるものです)

化粧品のキャンペーン合戦が激化し、タイアップの楽曲がヒットするのは70年代後半で、大半は資生堂かカネボウ。ポーラ・バリオの『私のハートはストップモーション』は例外的なヒットだった。

ジャコのCMが印象に残っているのは、キャンペーンソングが少なかった時代のせいもあるが、『帝人パピリオ』という聞き慣れない名前が気になったからだ。

だけじゃない テイジン!

現在のテイジンは持株会社だが、帝人(帝国人絹)の名が示すように、元々は繊維メーカーだ。当時すでに多角経営で、74年にパピリオを買収して帝人パピリオを設立した。パピリオのTVCMは帝人が資本参加してから始まったように記憶している。

帝人は自社のブランドに思い入れが強いのか、同年に設立したスウェーデンの自動車メーカー『ボルボ』の正規代理店も日本ボルボやボルボ・ジャパンではなく、『帝人ボルボ』だ。

帝人という文字や音は戦後のコンシューマー商品には向かないと思うのだが、帝人にしてみれば、東レ(東洋レーヨン)やクラレ(倉敷レーヨン)と同じ感覚なのかも知れない。化粧品のブランドとしては、同じく繊維業界のカネボウ(鐘ヶ淵紡績)に対抗意識もあったのだろう。

帝人パピリオは1987年にアサヒペンに買収された後に消滅。帝人ボルボは86年にボルボ100%出資の『ボルボジャパン』に権利が移管した。帝人という冠はバブル時代の泡と消えた。


《余談》
化粧品には販促の為の消費者組織があり、メーカー毎に独自の名前がついている。資生堂は「花椿会」、カネボウは「ベル会」、コーセーは「カトレア会」、マックスファクターは「マックスファクタークラブ」。パピリオは「アミドオル会」だった。


現在のパピリオ化粧品>>
▼パピリオ化粧品のカタログ
パピリオ
▼アミドオル会記念品のパッケージ
ケロヨン
▼私のハートはストップモーション

▼帝人ボルボのフロアマット


▼ビューティフルネーム・目次
イーデス・ハンソンと太郎鯉
ナショナルと泉大助
ルマンドとシャルマン
敏いとうとハッピー&ブルー
ウォルサム・バキューム
ネッシーとキットカット
キムコとプリティ
ハイセイコーと藤正樹
デラックスとドルックス
マスプロアンテナと青江三奈
ドレッサーとルーネット
UFOとインベーダー
シャンメンと佐藤祐介
バンバンとビリー・バンバン
ビーバー
さなえと桜田淳子
ケロヨン
行川アイランド
帝人パピリオ
ニューコンビーフ
ホワイトデー
4126 ハトヤ
イェイェ
いの一番
マックスウェルとタニヤ・タッカー
パブリカとCの法則
ビッグリーグガム
クックドゥとホイコーロー
ルックチョコレート
キヨスク
クォーターパウンダー
ウィルキンソンとバヤリース
16文キック
ちり紙交換
ヴィールス
ミニバーグ
パンケーキ
フクバ ホーキー

色にまつわる昭和CM史>>
昭和のエッセイ集・トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001