BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
ビューティフルネーム
呼びかけよう名前を すばらしい名前を♪
▼ビューティフルネーム
作詞・良橋陽子&伊藤アキラ
作曲・タケカワユキヒデ/唄・ゴダイゴ
ナショナルと泉大助/1960年代
明るいナショナル 明るいナショナル♪

松下電器といえばナショナルで、パナソニックにはどうにも馴染めない。音(ソニック)が出ない「パナソニックの乾電池」に違和感があるという理屈とは別に、刷り込まれたイメージがあるのだ。

私の子供時代の家庭用電化製品は、東芝、日立、三菱、三洋というように日本語の社名がそのままブランドになっているものが多く、別立てのナショナルで売る松下はモダンに思えた。

ブランドが刷り込まれたのは、ナショナルプライスクイズ『ズバリ!当てましょう』だ。価格当てクイズの「正解に近くても超えてはいけない」というルールを浸透させたのはこの番組で、司会の泉大助の「内輪で一番近いお値段」というフレーズが耳に残っている。

泉大助はナショナルのCMにも出ていたが、他では見かけなかったので、当時の私は松下の偉い人だと思っていた。松下幸之助の伝記を読みながら泉大助の顔を思い浮かべていたものだ。

『ズバリ!当てましょう』は第一シーズンが1961〜72年、第二シーズンが75〜82年で、番組終了時には家電のディスカウントストアの出現で定価の意味が薄れはじめていた。

次第にオープン価格が浸透し、同じ頃、それまで主に海外向けブランドだったパナソニックが、国内の映像・音響機器部門に使われるようになった。

パナソニックは海外でナショナルを商標登録出来なかったから生まれたのだが、もし登録出来ていたなら携帯電話もナショナルブランドのはずで、ドコモの品番の「N」をNECと奪い合っていただろう。

明るいナショナルCMソングCD
三木鶏郎音楽作品集"
ナショナル

▼ナショナルキッド
ナショナルキッド

▼ズバリ!当てましょう
ズバリ!当てましょう
第二シーズンの画像はこちら>>


▼ビューティフルネーム・目次
イーデス・ハンソンと太郎鯉
ナショナルと泉大助
ルマンドとシャルマン
敏いとうとハッピー&ブルー
ウォルサム・バキューム
ネッシーとキットカット
キムコとプリティ
ハイセイコーと藤正樹
デラックスとドルックス
マスプロアンテナと青江三奈
ドレッサーとルーネット
UFOとインベーダー
シャンメンと佐藤祐介
バンバンとビリー・バンバン
ビーバー
さなえと桜田淳子
ケロヨン
行川アイランド
帝人パピリオ
ニューコンビーフ
ホワイトデー
4126 ハトヤ
イェイェ
いの一番
マックスウェルとタニヤ・タッカー
パブリカとCの法則
ビッグリーグガム
クックドゥとホイコーロー
ルックチョコレート
キヨスク
クォーターパウンダー
ウィルキンソンとバヤリース
16文キック
ちり紙交換
ヴィールス
ミニバーグ
パンケーキ
フクバ ホーキー

色にまつわる昭和CM史>>
昭和のエッセイ集・トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001