BBS昭和の話題 - 掲示板
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン
Updated 2009/02/21
ビューティフルネーム
呼びかけよう名前を すばらしい名前を♪
▼ビューティフルネーム
作詞・良橋陽子&伊藤アキラ
作曲・タケカワユキヒデ/唄・ゴダイゴ
マックスウェルとタニヤ・タッカー/1976
コーヒーギフトはAGF♪

このフレーズは数十年来、繰り返されたCMのお陰で、世代を超えて刷り込まれていることだろう。しかし、味の素ゼネラルフーヅのコーヒーのブランドは?と問われれて、『マックスウェル』と答えたあなたは昭和の人間だ。

マックスウェルのTVCMにピーター・フォンダが起用されたのは1976年。ピーター・フォンダは同時期にレナウンのカジュアルブランド『シンプルライフ』のモデルでもあり、CMは共にアメリカのナチュラルテイストがテーマだった。

マックスウェルのテーマソングはカントリーシンガーのタニヤ・タッカーが歌う『ハロー・ミスター・サンシャイン』。同時期に発売されたオリビア・ニュートン・ジョンの『カントリー・ロード』と共にオリコンの上位にランクインしていたので、当時はカントリーが流行っていたのだろう。

タニヤ・タッカーの曲は日本ではオリビアほどではなかったが、そこそこヒットして、CMソングが入ったLPは私も買った。ところが、『ハロー・ミスター・サンシャイン』は日本盤にしか入っておらず、現在手に入るCDには含まれていない。

この曲がCM用のオリジナルで、作曲者のミック・スチュワートは「かまやつひろし」だという辺りに権利関係の問題があるのかも知れない。

一方、マックスウェルはインスタントコーヒー『マキシム』に続いて77年に『ブレンディ』を発売。82年には『グランデージ』を追加し、いつの間にかマックスウェルの名前は消え、それぞれ独立したブランドになった。


最上級を意味するマックスにマキシムやグランデージを続けることが、屋上屋を架すように思えたのか、クラフト・フーヅとの契約上の問題があったのか、カセットテープの日立マクセルと被るのを嫌ったのか。

マクセルと聞いてカセットテープを思い浮かべるのも旧人類の証となってしまった。


《余談》
尾崎紀世彦の、心の炎燃やしただけで〜マ〜キシム♪はマックウェルのCMではなく、合同酒精のワイン、ハチ・マキシム。

マックスウェル コーヒー
Maxwel(マックスウェル)ヘーゼルナッツコーヒーの通販>>
▼ハロー・ミスター・サンシャイン ハロー・ミスター・サンシャイン

▼ハロー・ミスター・サンシャイン LP


▼心の炎燃やしただけで



▼ビューティフルネーム・目次
イーデス・ハンソンと太郎鯉
ナショナルと泉大助
ルマンドとシャルマン
敏いとうとハッピー&ブルー
ウォルサム・バキューム
ネッシーとキットカット
キムコとプリティ
ハイセイコーと藤正樹
デラックスとドルックス
マスプロアンテナと青江三奈
ドレッサーとルーネット
UFOとインベーダー
シャンメンと佐藤祐介
バンバンとビリー・バンバン
ビーバー
さなえと桜田淳子
ケロヨン
行川アイランド
帝人パピリオ
ニューコンビーフ
ホワイトデー
4126 ハトヤ
イェイェ
いの一番
マックスウェルとタニヤ・タッカー
パブリカとCの法則
ビッグリーグガム
クックドゥとホイコーロー
ルックチョコレート
キヨスク
クォーターパウンダー
ウィルキンソンとバヤリース
16文キック
ちり紙交換
ヴィールス
ミニバーグ
パンケーキ
フクバ ホーキー

色にまつわる昭和CM史>>
昭和のエッセイ集・トップページ>>
昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジンリンク・権利等・編集者プロフィールお問い合わせ掲示板
Since 25 Dec. 2001